topimage

2018-07

新入り  - 2018.06.27 Wed

だいぶご無沙汰しちゃいました…。

今夏のキャンプを言い訳に、新しい道具を揃えました。




まずはクーラーボックス。

いま持っている安物はいかんせん保温効果が低いので、すこしマシな物にしたくて。それと、少し大きめの物が欲しかったので。


何日も氷が溶けないとか、熊が乗っても壊れないとか、上を見たらキリがありませんので、財布と相談した結果、iglooのマックスコールド(47リットル)に。

思っていたより軽いです。まだ使用してないので機能面は分かりませんが。

そして、DOD のテキーラテーブル。


元々テーブルなんですけど、棚板が鉄製なので焚き火台の五徳として使用するつもり。
いままで鍋などはトライポッドで吊るしたり、小さい五徳を焚き火台に直置きしたりしてましたが、ちょっと不便でした。
これで使い勝手が良くなるはずです。

もちろんテーブルとしても。その時は棚板を替えて。ツーバイ材がぴったり合うようです。

おまけでヘッドランプ。


今まで何個も乾電池が液漏れして壊してしまいましたので、今度は充電式のタイプにしました。
普段から、夜に薪を取りにいく時などにも使うので、わが家には必需品です。
高機能なヘッドランプは必要としていないので、ナチュラムでいちばんリーズナブルなヤツを。

梅雨明け目前で、いよいよ夏本番。
新しい道具たちを試すのが楽しみです。

田植え 2018 - 2018.06.02 Sat

今年も田植えが無事に終わりました。


今年は田んぼが1か所減って、2か所になったこともあり、朝7時からはじめて、昼には終了。

中学生以上の子供たちは部活などで参加していませんが、小学生たちが立派な戦力になり、大助かりです。

実はワタクシ、この数日前に腰を痛め、まともな作業ができませんでした…。
早く腰を治して、これからの除草に備えないと。

今年もたくさん採れますように。

京都旅行(滞在編)  - 2018.05.08 Tue

せっかく京都に行くのなら、京都ならではの体験をしようと、カミさんが時間をかけていろいろと準備してくれていました。

まずは宿泊先


京町屋をリフォームしたゲストハウスまくやさんでお世話になりました。


わが家が利用したのは、家族で泊まれる六畳間。趣のある和室が落ち着きます。


土間のダイニングとリビングは宿泊者の共同スペース


通り土間には、こちらも共同のキッチンと洗面所。シャワー、トイレ、ランドリーには外から回ります。


シャワー、トイレのスペースは、ちょっと縁側風?なんとも風情があります。

fc2blog_2018051918072576e.jpg
近所で買ってきた漬物で晩酌。なんだか自宅にいるみたいにくつろいでます(笑)
とても気さくで、おしゃべり(笑)なオーナーには、観光ルートやお勧めの食事処など、いろいろ教えてもらいました。
そして何よりリーズナブルな料金。助かります。

すぐ隣には町屋を一軒まるごと貸切できる、その名も「一軒まくや」も。
次回はそっちもいいかも。また利用したいです。


そして、せっかく京都をぶらつくということで、市内をまわった4日は家族全員着物で一日を過ごしました。
履物や小物もすべて持参。私も着物デビューです(汗)


あちこちに観光客むけのレンタル着物屋があり、特に嵐山や清水寺付近の“超”観光地では着物を来た若者をよく見かけました。
でも、その人たちが着ているのは、派手派手で、浴衣みたいに軽い感じのもの。
それらと違い、わが家の着物は落ち着いた色合いでした。
一日慣れない格好で過ごし、その上よく歩いたので疲れましたが、なんだか楽しかったですね。
着付が達者なカミさんのおかげです。


外国人観光客が多かった二条城では、着いたとたんに声をかけられ「写真を撮ってくれ」と。
シャッターを押すのかと思いきや、「一緒に写ってくれ」というのです。
ネットの書き込みなどで、“着物で歩くとよく外国人に写真をリクエストされる”ってあったらしいですが、まさか自分たちが、ね。
何組にも声をかけられ、なんだか有名人になったみたいでした(笑)
上の写真も、ラテンなおじさんが一緒に撮影した後に撮ってくれました。


今回、京都への移動は車。
車で遠くに出かけるということをあまりしてこなかったわが家。
今回がいちばんの遠距離移動となりました。


ベッドが間に合ったおかげで、決して乗り心地が良いとは言えないウチのハイエースでも、三姉妹には快適だった模様。
ETC車載器も滑り込みで出発前日に取り付けてもらい、無理をきいてもらった車屋さんに感謝です。
特に渋滞にハマることもなく、無事に行ってこられました。

もう1台の軽自動車の方が機能が充実しており、そっちで出かけることが多かったのですが、
これから、特に遠距離はハイエースになりそうです。
というか、そもそも軽では既に定員オーバーだった(汗)
いずれにしても、移動中も楽チンで、車中泊もOKとあって、今後の出かけ方の幅が広がりそうです。


そんなこんなの京都旅行。
次はどこに行けるのか?
娘たちはいつまで付き合ってくれるのか?

京都旅行(食べ物編)  - 2018.05.07 Mon

他所に出かければ、やっぱりご当地の食べ物が楽しみなもの。
京都滞在中の食事を紹介します。京料理ばかりじゃないですけど。


宇治では、平等院近くの歴史あるお茶屋さん通圓でひと休み。
ブラタモリでも寄ってましたね。


それぞれ、お茶をあしらったスイーツをいただきました。
私は抹茶を。けっこうなお点前でした。
他にも煎茶や茶団子を土産に。


今宮神社の参道には、通りを挟んで有名なあぶり餅のお店が2軒。
どちらもメニューはあぶり餅のみだとか。


こちらは神社に向かって右側「一文字屋和輔」 なんと創業1,000年以上。


一方、お向かいの「かざりや」 こちらも創業400年とか。

炭火で炙ったひとくちサイズのきな粉餅に、甘い味噌だれが絡まって、パクパクいけます。
どちらも美味かったけど、わが家の女性陣は「一文字屋和輔」に軍配を上げてました。

3日の夕食は、ゲストハウスオーナーおすすめの、近くの丼屋さんで。
正直、微妙な佇まい(失礼)で期待せずに入りましたが、とっても美味しく、しかも価格は良心的。
翌日も来ようか、なんて話してました。

4日、昼食は清水寺下の豆腐料理のお店「おかべ家」で。


名物の湯豆腐の他、京のおばんざいやさまざまな豆腐料理で、心もお腹も満足です。


目の前で豆乳に“にがり”を加え、できたての豆腐をいただきました。
相当美味かった。


錦市場商店街では、湯葉の素揚げをつまみながら。


夕食はいろいろ探した結果、中華屋さんで。
巨大な、その名も「バナナ餃子」で満腹です。


定番の生八ッ橋ですが、銀閣寺近くの八ツ橋屋西尾為忠商店では、注文してからその場でひとつずつ手づくりしてくれてました。
この無添加の生八ッ橋、よくある機械の大量生産モノと違い、全然旨かった。お薦めです。

他にも、しば漬け、千枚漬けなどの漬け物や、七味唐がらし、ちりめん山椒など仕入れて帰りました。

おまけ


銭湯で生ビール売ってるって、反則でしょう…そりゃ呑みますよね。

京都に行く - 2018.05.06 Sun

今年のゴールデンウィーク、なんと京都に行ってきました。

キャンプではない旅行って、わが家にとっては珍しいことです。
長女が中学生になり、連休明けから部活動が本格化するので、家族揃って出かけられる最後のチャンスかも…てことで。

記録として、訪れたところを簡単に挙げておきます。

2日
仕事から帰宅し、身支度を整えて出発です。
この夜は途中のサービスエリアで車中泊。
雨が強かったこともあり、予定より手前で休むことにしました。

3日
早朝に京都入り。


宇治 平等院
朝イチで行ったおかげで、ゆったり拝観できました。
初めて宝物館に寄り、雲中供養菩薩像に感動。


嵐山
人波に揉まれてきました(笑)


広沢の池
静かな佇まいとお抹茶で癒され


今宮神社
お目当は参道のお店でしたがね。

4日
この日は徒歩とタクシーで市内を見物です。


二条城
こんなに広かったっけ?


蓮華王院 三十三間堂
沢山の仏像に、ただただ圧倒…。


二寧坂あたりを、人をかき分けぶらついて。


建仁寺
広大な境内でゆっくりと。


錦天満宮~錦市場商店街
またまた人波に揉まれ。この日はよく歩きました(笑)

5日
最終日です。


慈照寺 銀閣
もはや何も言うことはありませんね。


そして、哲学の道をぶらぶらし、早めに帰路につきました。

子供たちが歴史の勉強がはじまり、いろいろ興味を持ち出したので、ちょうどよかったですね。

かつて学生時代に修学旅行で行ったところも多かったですが、記憶も薄れていましたし、ゆっくりじっくり拝観できたので、新たな発見や感動が。

まだまだ行きたいところは沢山ありますが、2~3日ではとてもとても…。
次の機会(いつ⁉︎)の楽しみにとっておくことにします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (169)
わが家 (71)
田舎ぐらし (69)
薪ストーブ (29)
薪づくり (49)
アウトドア (41)
ダッチオーブン (29)
道具など (23)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR