FC2ブログ
topimage

2019-11

GWキャンプ 2019 その3  - 2019.05.05 Sun

キャンプ最終日


この日の朝も寒かったですが、すぐ撤収を控えていたので焚火はおあずけ。
代わりにシングルバーナーで暖をとります。
締め切ったタープの中は、これでも充分ぬくぬくです。

朝食はクッパというか、雑炊というか、熱々スープにご飯を入れてさっぱりと。
ご飯は昨夜のうちに飯盒で炊いておきました。

この日も天気がよく、撤収もスムーズに進みます。
この3日間、本当に天気に恵まれ快適に過ごせました。

そして、弓の又キャンプ場、わが家にはかなりハマりました。また訪れたいです。


南アルプスの雄大な景色を眺めながら向かった先は駒ヶ根高原。


念願だった、ファイヤーサイドのZcoo-shopに寄り道です。
ワタシ的には今回のもうひとつのメインイベント(笑)

店内には、いつもカタログで眺めているグッズの他、薪ストーブまわりで活躍しそうな品々、アウトドアグッズ、アンティークな雑貨などがたくさん。
また、バーモントキャスティングスの歴史を辿る展示や、各種薪ストーブを設置したショールームがあったり。


ゴールデンウィークとあって、庭ではイベントの真っ最中。
キンクラでの焚きつけづくりや、ポップコーンづくり体験などが行われてました。


わが家はミニピザづくりをチョイス。
ひとりずつ思い思いにトッピングすると…


なんとポールさんがKABUTOで焼いてくれました!

あっという間に美味しいピザのできあがり。
これがあれば、オフシーズンにも薪オーブン料理ができますね。

KABUTO、欲しい…。

後ろ髪を引かれる想いでZcoo-shopを出た後は、土産物屋を覗いて、定番の野沢菜漬けや馬肉製品を物色。


昼食は、やはりこの辺りの名物だというソースカツ丼を食す。


どのお店も行列していたこともあり、弁当を買って、気持ちのいいテラスでいただきました。

帰り道は心配していた渋滞もなく、娘たちが大好きな“タケノコ王”にも会えたり(笑)、充実した3日間でした。

終わったばかりなのに、またすぐに出かけたくなりますね。
このところ年に2回くらいしかキャンプに行けてません。なかなか回数は増やせないので、その分中身を濃くしていきますかね。

GWキャンプ 2019 その2  - 2019.05.04 Sat

長野キャンプ2日目


昨夜はとても冷えました。
起床後、さっそく焚火をおこして暖をとります。
身体も温まり、ようやく動き出す気になってきました。


その後、キャンプ場周辺を散策。
朝から快晴です。青空に花桃がよく映えます。


散歩のあとは朝食の準備。
目の前には清流が流れ、さわやかな気分です。寒いけど。


メニューは定番ホットサンド。みんな大好き。


たくさん食べたはずなのに、まだ足りないとのたまうので、鉄板にパンの耳を敷き詰めてピザトースト風に。
こちらもペロッと平らげてました。


今日のメインはハイキング。
古道「東山道」を辿ります。
東山道とは、飛鳥時代の終わり頃に整備されたらしい街道で、滋賀から宮城まで通じていたそうです。
1300年以上前のことですね。
その中でも一番の難所だったのが、現在の阿智村から中津川市に向かう途中にある神坂峠だったそうです。


神坂神社から東山道を辿ります。


昨日訪れた妻籠宿もそうですが、昔の人々が実際に生活したり、訪れた同じところに、今、時代を越えて自分も身を置いていると思うと、なんだか感慨深いものがあります。


時間的にも体力的にも限度があるので、しばらく歩いた後、弁当食べて引き上げました(笑)
ちなみに弁当の焼きそばは、出発前にキャンプ場でつくってきましたよ。

買出しと入浴を済ませ、キャンプ場に帰ってからは自由時間。
三姉妹は昼寝したり、組紐編んだりとおもいおもいに過ごしました。


最近スイーツづくりにハマっている二女は、焼きドーナツをつくってくれました。


ご当地の名物を食すことをテーマに、夕食は天ぷらそば。
信州そばと、地元で採れた山菜(たらの芽、こごみ、行者にんにく)を天ぷらに。
焚火を囲んで、揚げたてをいただきました。これがまた絶品。
それから、昨日とは違う豆腐屋さんの寄せ豆腐。こちらも美味。
長野は美味しい豆腐屋さんが多いのでしょうか。
水が美味しいから?
そういえば、このキャンプ場の水は井戸水だそうで、コーヒーがとても美味しいです。

食後、一日の締めくくりに星空を眺め、盛りだくさんな一日も終了です。
明日は帰路につきますが、一箇所寄り道です。

GWキャンプ 2019 その1  - 2019.05.03 Fri

更新しないまま、かなりご無沙汰してしまいました…。

三姉妹の内、2人が中学生になったり、職場の状況が変わったりと、公私共に落ち着かない数か月でした。

そんな中迎えたゴールデンウィーク。10連休とはいきませんでしたが、何とか計画どおりキャンプに出かけることができました。

今回のキャンプ地は、“日本一の星空”長野県阿智村です。

そして、せっかく長野まで足の伸ばすので、以前から行ってみたかったところにも立ち寄ります。


まず訪れたのは中山道の宿場・妻籠宿




まるでタイムスリップしたかのような街並み。
地元の方々が協力して保存しているそうです。
昔ながらの手作業で実演販売していたり、実際に営業している宿もあったり。
昼食もここで。信州そばと五平餅をいただきました。

その後、キャンプ場へ。


こちらが今回のキャンプ地、弓の又キャンプ場。

きれいに管理されていて、でも余計な設備はなくて。
ちゃんとキャンプしたい人が好みそうなところです。
周囲のサイトにはおしゃれキャンパーがたくさん。こだわりギアが羨ましい~。


また、この阿智村あたりは花桃の名所としても有名みたいです。いたるところで花桃が咲き誇っていました。
キャンプ場近くには「花桃の里」があり、朝早くから多くの見物の人たちで賑わっていました。道路が渋滞するほど。
もちろんキャンプ場内にもたくさん咲いていました。ちょうどきれいな時期に訪れてラッキーでした。


ゆったりとしたサイト。
ハイエース留めて、デカいテント張っても余裕です。
写真では分かりにくいかもしれませんが、かなり広いです。お隣さんも気になりません。

設営が済んだら、近くの昼神温泉へ。
汗を流して、喉を乾かして…。
帰り道では地ビールを仕入れることも忘れません。
キャンプ場に戻り、早速喉を潤しながら夕方の支度にかかります。


メインディッシュは手羽元と野菜のあったかスープ。(出来上がり画像なし・笑)
また、道中で仕入れた、地元の手づくり豆腐が絶品でした。

日中は天気もよく、半そでになるほど暖かい陽気でしたが、山間ということもあり、昼夜の気温差が激しかったです。
日が暮れると急に冷え込んできて、息も白くなるほど。
夜間の冷え込みを予想して備えてきましたが、予想以上でした…。
トレーナーやらフリースやら、何枚も重ね着し、焚火の暖かさが身に沁みます。

就寝前には、念願だった日本一星空を眺めて。
テントサイトではまだ灯りがあるので、キャンプ場の一番奥まで歩いていって。
空いっぱいの星、星、星…ここまで来た甲斐がありました。
以前訪れた知人は、満月にあたってしまい、全然星が見えなかったと言ってましたっけ。
帰ったら自慢してやらなきゃ。

就寝前には、一日の仕上げにみんなで人生ゲーム(笑)
盛りだくさんな初日が終わり、翌日に備えて床につきます。
しかし、あまりに寒くて、さすがの私も熟睡できませんでした。
ちょっと甘くみてましたね。反省です。

そんな訳で、キャンプ2日目に続きます。

鉄瓶置き  - 2019.01.31 Thu

先日「鉄瓶置き」を入手しました。
といっても、鉄瓶用ではなく鉄鍋用ですが(笑)

初めて鉄鍋を持ったときから、LODGEのリッドスタンドを使っていました。


(↑LODGEのリッドスタンド)
文字どおりダッチオーブンの蓋を置くためのスタンドで、足のないキッキンオーブンを炭火で使うときの五徳などにも使えます。

しかし、だいぶ前にまん中のネジ部が壊れてしまいました。

LODGEのそれは、その形(フチが盛り上がっている)のせいで小型の鍋を置くのには向きません。
他メーカーの物は今ひとつ私の琴線には触れず(笑)、買うのをためらっていました。

そんなとき某フリマサイトで見つけたのが、コレ。


鉄瓶置き、なんだそうです。


サイズもちょうどいいし、頑丈で無骨なつくりもよし。
そして鉄だし(笑)

何より、これなら誰ともかぶらないでしょう。

まぁ、単なる自己満足でしかないですけどね…。

薪ストーブで料理教室  - 2019.01.26 Sat

薪ストーブのお宅で開催された料理教室に家族で参加しました。

会場は「住まい工房とうくり」さんが手がけた築7年のお宅。

無垢の自然素材がふんだんに使われ、古民家の古材もあしらわれたりして。
随所にさまざまな工夫も見られ、「これ、ウチにも欲しい」と思うものがたくさん。
とても素敵なお宅です。

薪ストーブは、わが家と同じアンコールですが、綺麗に使われている上に、ストーブ周りもスッキリしているので、まるで別物みたいです。


料理を教えてくれたのは、わが家のご近所「Tutty Cafe」のヒロミさん。

メニューは豆腐マヨネーズと、薪ストーブでつくる特製“とうくり”カレー。



豆腐マヨネーズは材料を混ぜるだけ。作業自体はとても簡単なのですが、このレシピを完成させるまでには、試行錯誤もあったはず。
美味しだけじゃなく、身体に優しくて、アレンジもききます。

あわせて、効率のよい調理のコツも伝授してくれたり、目からウロコな体験でした。


特製カレーは、野菜たっぷりで、素材の味が引き出された奥深い味わい。
いわゆるカレールーは使わないのですが、ちゃんとカレー(笑)衝撃的な味でした…。

さらに店長直伝の、薪ストーブでつくる簡単ローストビーフ。


ローストビーフって、今までつくったことがなかったのですが、こんなに簡単に、しかも美味しくできるとは。


さらにインパクトも大!これ大事(笑)
豆腐マヨネーズとの相性もバツグンでした。

同じ薪ストーブを使っていても、似たような家に住んでいても、よそのお宅を見せていただくと様々刺激を受けますね。
ぜひわが家でも真似したい、もちろん料理もさっそく挑戦したい、そう思わせてもらった一日でした。



主催者も、会場のお宅も、講師の先生も、みなさん顔馴染みだったので、内輪ノリみたくなってしまい、なんだか申し訳ない感じもしましたが、純粋に楽しませていただきました。
貴重なひとときをありがとうございました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (174)
わが家 (72)
田舎ぐらし (69)
薪ストーブ (32)
薪づくり (52)
アウトドア (48)
ダッチオーブン (30)
道具など (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR