topimage

2013-03

庭づくり始動? - 2013.03.24 Sun

新築以来ただの空き地状態の我が家の庭ですが、さすがにそろそろなんとかしたい。
数年来の妄想を形にすべく、とりあえず動き出します。

一見広く見える我が家の敷地ですが、本来の敷地は、自宅新築の際に分筆した手前側の約半分ほど。
奥の区画は親父名義の土地です。
一応その境界にあわせて庭を整備したいと思ってきました。

まずは、奥の区画への通路になる部分の整備。
現状は、以前からの植栽が残っている他、薪置き場と化しています。

20130324 焚付にするはずだった
第一の障害物が、この枝の山。
以前「街路樹を切る」と聞いて貰うことにしたのですが、切られたのは枝ばかり。しかし要らないとも言えず、山積みにしたまま早2年ほど。
今シーズンは焚付として役立ちましたが、いっこうに減らないので片付けることにしました。

20130324 燃やす
朝から薪割りしながら焚火。
ドラム缶コンロで調子に乗って燃やしていたら、その下の地面の草まで燃え出しました(汗)

写真奥のもっさりしたのが雪柳。もう花がかなり散りました。その左が桑の木。その足元に山積みの枝々。枝の山の奥には、新芽が出だした紫陽花が隠れています。
左側、隣の畑との境に柵がありますが、ここから3mの幅が奥までの通路になる想定。
なので、桑の木は伐採し、紫陽花は移植するつもりです。
雪柳も大きくなりすぎたので、この機会にザックリいきたいと思ってます。既に右隣に子供もできてますし。

20130324 移動したあと
枝を運んでは燃やし、運んでは燃やし…1時間ほど経ち、少しずつ地面が見えてきました。
下の方は既に土に還りはじめています。
そして、今まで押さえつけられていた植物がモヤシのようになりながらも芽を出しています。

20130324 菖蒲とスギナと
傍らでは菖蒲が、大量のスギナと共に出始めています。
ホントはこの枝の下にも菖蒲がいました。もう出てこないかな…。


もう3月も終わろうとしています。
田んぼシーズンになる前に、薪づくりを終わらせたいのと、この通路部分も形にできたらと思ってはいます…が。
なかなか容易ではないですね。

墓参り再び - 2013.03.20 Wed

春分の日には、またお墓参り。

20130320 観音寺②
この日は、カミさんの両親の墓がある伊東市宇佐美へ。
“うさみ観音寺”の墓地に、両親が眠っています。

20130320 観音寺①
大きな観音様、日本一(らしい)の七福神、ネパールから贈られた仏像、おびただしい数のお地蔵さん、などなど…怪しいと思っているのは私だけではないはず。
お墓参りには来ても、いまだに観音寺の中には入ったことがありません。
ちなみにここの墓地は宗派不問だそうです。

お墓の掃除をしている間、子供たちは“探検ごっこ”と称して墓地じゅうを歩き回っています…楽しいらしいです。
お墓からは海が見え、普段はとても景色が良いのですが、この日は霞がかっていてイマイチでした。

20130320 海
弁当を食べたあと、少しだけ海に寄って帰りました。

夕方、カミさんが勤めているハチミツ屋さんに寄ると、急遽夕食をご馳走になることになりました。
私の親父もお呼ばれし、賑やかな夕食となりました(ウチはいつもですが)。

20130320 もみじスモーク
写真は、ハチミツ屋さんのご主人お手製、エゾシカの燻製!
“もみじ”なので、もみじのチップで燻したそうです。旨かった~。
またしても鹿児島直送のレア物芋焼酎もいただき、至福のひとときでした。

やっぱり気になって…。 - 2013.03.19 Tue

先の週末、久々に休日っぽく過ごしたと書きましたが、やはり薪が気になります…。

今のところ順調に集まっているものの、集めるので手一杯で、なかなか割ることができません。
割らなければ乾かないし、片付かない。片付かなければ次の置き場所がない。

土日で合間を見計らって、薪割りに取り掛かりました。

土曜日、まず朝食後に小一時間ほど薪割り。
その後、実家からトラックを借りて、先週運び切れなかった薪の運搬。
帰宅後、お墓の掃除に出かけ、夜はバーベキュー。

日曜日、朝食後~外出までの時間を使い、義兄・甥っ子とともに薪割り。
お墓参りなどから帰宅後、姉家族が温泉に入っている間、一人で薪割り。

あちこち動いていたわりに、そこそこ時間をつくって作業することができました。
また、なんといっても助っ人のおかげです。
義兄は我が家でしか薪割りの経験がない(我が家に来た時には薪割りをさせている、とも言える?)のですが、とても上手で、パワフルにパカパカ割っていきます。
甥っ子(小4)も、割った薪をせっせと運んで積み上げてくれました。

20130317 今日の成果①-1
20130317 今日の成果②-1
二人の活躍のおかげで、箱根からもらってきた分と、その次の、薪狩り2回分(トラック2杯分)が片付きました。

今のところ残っているのは、インフルエンザ明けにもらった桜と、先週ストーブ屋さんでもらったクヌギ他
素性の良い玉が多いので、ペースよくいける…と思う。

仲間内では、今集めている薪は既に翌々シーズン分だという人も。
置き場所も増やさないと、薪の確保には至りませんね。
ひととおり割ったら、薪小屋の拡張にかかります!

たまには休日らしく - 2013.03.17 Sun

この週末、お彼岸ということもあり姉家族が来ていました。
この時期、休みというと薪にかかりがちですが、久々に休日らしい過ごし方をしました。

土曜日の夕食は我が家でバーベキュー。実家の親父や兄の子供たちも加わり、総勢15名となりました。
先日やったばかりなので、準備もあっという間です。

20130316 夜BBQ-1
昼間は暖かい陽気でしたが、さすがに夜になると冷えてきます。バーベキューコンロ(ドラム缶)を囲むように陣取ります。
しかし、この寒い中、我ながら物好きなものです…。

20130316 ライトスタンド-1
先日のバーベキューでは、焚火でダッチオーブンを吊るしたトライポッド(函南のHさん作)ですが、この日はライトのスタンドとして活躍しました。

さすがに15人もいると、肉が焼けると同時になくなります。
子供たちの腹を満たすべく、ひたすら焼き続けます…。

20130316 まったりタイム-1
子供たちが室内に引き上げた後は、ライトを消し、焚火を囲んでまったりと過ごしました。


翌日の日曜日は、母の実家に墓参り。
その後、天城ミュージアムのトリックアート展へ。
子供たち大はしゃぎです。大勢のお客さんで賑わっていました。

20130317 イルカ-1

20130317 ドラム缶-1

20130317 ゴリラ-1

20130317 ゾウ-1

そして浄蓮の滝へ。
20130317 浄蓮の滝-1

20130317 わさびの花-1
わさび田では、わさびに白い花が。
わさびって、こんな風に花が咲くんですね。初めて見ました。


久々に休日らしい休日を過ごしました。
二日間いとこ達と目一杯遊び、子供たちは大満足の週末でした。

お彼岸を迎えます。 - 2013.03.16 Sat

彼岸の入りを翌日に控えたこの日、お墓の掃除に駆り出されました。

実家のお墓は同じ地域内で、檀家となっている寺の墓地にあります。
寺自体が小高いところにあり、墓地はさらに山の斜面にあります。
中でもウチの場所はかなり高いところ。掃除道具を持ってあがれば、いい運動です。
私たちの他にも何組か掃除に来られていました。

20130316 墓地からの景色-1
お墓からの景色。どこかに我が家も写っているはず。

20130316 お墓の掃除-1
親父と二人、雑草を取り、植栽(つつじ、あじさい他)を手入れし終わった頃、私の家族と姉家族が合流。
子供が6人、一気に賑やかになりました(笑)。
花や水を供え、みんなで線香をたむけて掃除完了。

自宅では団子を供え、「入りおこわ」といって、彼岸の入りには赤飯を蒸かすとか。
ぼた餅も作りますが、確か作って供える日が決まっていたんじゃなかったかな?

昔からの慣わしやその意味など、ちゃんと覚えて、受け継いでいかなきゃいけませんね。


しかし、子供たち、この何もないところでも楽しげに遊べるものです。
なんだか分かりませんが、ずーっと騒いでました(笑)


デビューさせないと - 2013.03.14 Thu

時々覗かせてもらっている、田舎時遊人さんのブログで見つけたこちらの記事

…旨そうです。つくってみたい。
それに、べビーダッチで一人分ずつってのが、またいいですね。

我が家にもベビーダッチが2個あります。
注文したときは、まだ独身でした。
それが、届いたときは結婚後で4人家族。そして更に追加され、今は5人。

ベビーダッチはもう手に入らないので、足りない分は6インチで揃えようかな。

でもその前に、実はベビーダッチ、まだ使ったことがないのです。シーズニングすらしてない…。

2013034 ベビーダッチ-1
今まで、なぜか機会を逃してきました。まずはこれをデビューさせてから。
薪ストーブを焚いているうちに、シーズニングしてみようと思います。

タマネギ料理は、ひとまずコンボクッカーあたりでまとめてやってみよ。

開花 - 2013.03.11 Mon

ここ数日の春のような陽気のおかげで、庭の花が一気に開きはじめました。

20130310 水仙
水仙

20130310 雪柳
雪柳
この写真ではわからないと思いますが、かなり大きい木になってしまいました。高さ2~3mはあるでしょうか。

20130310 雪柳と水仙
もともと畑時代に、母が花苑風にいろいろな草花を植えていました。
しかし母も亡くなり、さらに自宅新築後は何も手入れをできていません。
にもかかわらず、毎年健気に芽を出し、咲いてくれています。
他には5~6月頃には菖蒲や紫陽花も咲いてくれるはず。

今年は、敷地の整備と庭づくりにも手をつけたいと思っています。
種々の草木を植えたいと妄想してますが、それよりも既にいる花たちの居心地をよくしてあげないといけませんね。
川石と昨年大量にもらった細枝が、もと花苑の位置に置いたまま。それらを移動すれば、もっとたくさんの花たちが顔を出してくれるはずなので、まずはそこから手をつけたいと思います。

貰い物いろいろ - 2013.03.10 Sun

この週末は、いろいろと貰い物がありました。

20130310 パレット
まずはパレット。
薪や原木の置き場の下敷き用に、また、焚きつけやシーズンはじめのちょっと焚き用などに活用してます。
薪置き場の拡張を予定していることもあり、あると重宝なので会社の倉庫で不要になったものを貰っておきました。

20130310 一斗缶
そして一斗缶。
会社が入っているビルのゴミ捨て場でゲット。これは貰い物というより拾い物ですね(笑)
ストーブから出る灰を入れるのですが、この蓋付きタイプはあま出てきません。
なので見つけたら、すかさず確保しています。

そして、この週末最大の貰い物がこちら。

20130310 今日の収穫
そうです、薪です!
我らがストーブ屋さんからのお裾分け。
椚ときどき楢、ところにより一部樫という感じ(らしい)です。しかも大量に。ありがたいです。
今回は、いつもの親父のトラック(ライトエース)ではなく、たまたま借りられたハイエースで参加。
おかげでいつもの1.5倍くらい積めたのではないでしょうか。

薪の会メンバーとともに作業したのですが、前日の土曜日には、私があまり一緒にならない方も来ていたみたいです。
しかし、私が参加したこの日のメンバーは、裾野Wさん、函南Hさん、富士見台Yさん。
なぜかいつもの“濃い”ところ(笑)

薪狩りの様子はWさんのブログに詳しく記されているので、そちらで。
新兵器(ストーブ屋さん提供の“スタンド型巨大丸ノコ”)の威力は素晴らしく、あっという間に薪が出来ていきました。

また、この日はストーブ屋社長さんが一日一緒に居てくれたおかげで、薪づくりやチェーンソーの扱い、ストーブの焚き方、ピザ焼き時のダンパー操作など、いろいろな話を伺うことができ、その意味でも貴重な一日でした。
やはり経験に裏打ちされたお話は興味深いです。
ストーブ屋さんは居心地がいいので、つい時間が経つのを忘れてしまいます。
社長さんの話が長くて帰れない…訳ではないですよ(汗)

生命力があります - 2013.03.09 Sat

我が家の敷地の端に、草花が植えられている箇所があります。
“自宅を新築する前から植えられていた草花が一部残っている”といった方が正しいかもしれません。
その箇所に、大小の川石がいくつか放置されています。
確か実家をリフォームする際に、我が家に持ち込んだもの。

先日の薪の会バーベキューの時、焚火コーナーを作るのにこの石を使いました。
石を動かしたところ、その下から花の芽が出てきていました。
石の下になっていたので、青白く曲がっていました。
石は2年くらい放置していましたが、その間もずっと石の下で芽を出し、日の目を見ずにいたでしょうね。

それから2週間

20130309 復活①

20130309 復活②
緑色になり、シャキッと元気になりました。2週間前はモヤシみたいだったのに。
植物の生命力ってすごいですね。

我が家の敷地は以前畑だったので、何も手入れしていないにもかかわらず、他にもフキやニラ、アシタバ、ヨモギ(これは雑草に近いですが…)などが毎年顔を出します。
もちろん、おいしくいただいてます。
ヨモギはヨモギ餅にする他、同じく生えてくるドクダミや、畑で育てたミントとともに、カミさん手製の虫除け液の材料になります。


生命力があるといえば、こちらも。

20130309 三線娘
今日は知り合いのお兄ちゃんから、三線を教えてもらってました。
あれ、左利きだったっけ?

もっと鉄鍋料理 - 2013.03.08 Fri

先日ファイヤーサイドで行われた、写風人さんとポールさんの焚火塾。
当初告知を見て、とても参加してみたかったのですが、やむなく断念。
伊豆からでは距離もありますしね。

その後、写風人さんのブログZcoo-shop便りで当日の様子を伺い、羨ましいやら残念やら…。

先日のバーベキューで久々に焚火でダッチオーブンを使い、焚火やダッチオーブンの楽しさを改めて実感したこともあり、無性にダッチオーブンが使いたい気分。

もともと料理は好きですが、所詮真似事の域を出ず、自力でまともに料理できているとはいえません。
カミさんと一緒のときは、指示のもとで作業しているという感じですし。
薪ストーブ料理といっても、トップで煮る、炉内で焼くといった簡単なものばかり。

20130307 viva!
薪ストーブ導入時、せっかく買ったこの本も、あまり活かされていないかも。
でも、火加減などは参考にできたかな。
それから表紙の写真は、私の妄想を掻き立てるのに大いに役に立ちました(笑)
こんな風にぶら下げたくなるでしょ?


平日はなかなか難しいので、週末を使っていろいろ挑戦してみましょうか。
バーベキューのときの焚火コーナーは撤去してしまいましたが、庭を整備したら常設にしたいと思ってます。


2013307 ポールさんのサイン
ちなみに、この「Viva!薪ストーブクッキング」、薪ストーブ教室にポールさんが来られたときに購入。
ちゃっかりサインもいただきました。

怪文書? - 2013.03.06 Wed

朝、何気なく薪小屋の薪に目をやると…

20130306 薪の文字①
薪に何か書いてある?


誰が…

いったい何のために…

なぜこんなところに…

謎が謎を呼び…

なんてことはなく(笑)


20130306 薪の文字②
先日のバーベキューの時でしょうね。

留守番電話の設定がしたかったのでしょうか。

S社ユーザーで…当日このあたりに居て…薪にメモ書きそうな人といったら…



I部長かな?

雛祭り食事会 - 2013.03.04 Mon

日曜日は上巳の節句。娘三人の我が家としては、何もしない訳にはいきません…。
カミさんが店番をはじめたハチミツ屋さんのオーナーご夫妻と実家の親父を招待し、食事会をしました。

メニューは、ちらし寿司、天ぷら(明日葉、蕗の薹)、手羽先のローストなど。
オーナーさんからは、牡蠣鍋、蝦夷シカのたたき、レア物芋焼酎などを差し入れていただきました。
おかげで豪華な食卓になりました。

ハチミツ屋さんは季節ごとに花を追ってミツバチとともに移動する養蜂家。
例年12月~3月は伊豆に滞在しています。
数年前、その伊豆での拠点としてウチの実家の隣家を買われたのを機に、お付き合いしています。

ご主人とウチの親父は、どちらも山で仕事をしてきたとあって、山の話、木の話で盛り上がってました。
ハチミツ屋さん、地元(北海道)の作業場ではスウェーデン製の薪ストーブを使っているそうですが、自宅には入れてないそうです。
「やっぱり火が燃えてるのはいいなぁ」と、我が家の薪ストーブの暖かさが好評でした。

あと、ストーブ炉内で焼いた手羽先もウケてました。
味付けはシンプルにクレイジーソルトだけ。ほんのり燻製のような風味もいいですよね。
調理もいたって簡単。
網を敷いたグリドルに手羽先を並べて、スタンドをセットした炉内に。弱めの熾き火でじっくり(といっても10分くらい)焼いた方がいいみたい。
早くて、旨くて、簡単。我が家では定番になってます。
オーナー奥さんは「今度はうちも料理のできるストーブにしよう!」というほど気に入ってくれました。

20130303 「く」
我が家の娘たちも大好き。その形から「く」と呼んでいます(笑)
(今回は写真を撮りそびれ、これしかありません…)

終始笑いの絶えない、楽しい食事会となりました。
ハチミツ屋さんちのストーブってどんなヤツだろ?気になります。今度詳しく訊いてみよ。

久々に畑 - 2013.03.03 Sun

今日は野良仕事の日。
先日のだるま市で購入したタマネギの苗を植えます。

20130303 畑(作業前)
といっても、冬の間、僅かに豆類やニンニクを植えた他は放置プレイだったので、ご覧の有り様。
(手前のきれいな部分は地主さんがやっているところ)
まずは畑全体をきれいにするところからかかります。

20130303 収穫?①
20130303 収穫?②
収穫後の野菜などを撤去。唯一元気だけどあまり用途のない「からし菜」も、この際片付けます。
ここは子供たちの出番です。

その後、耕運機で耕します。

20130303 畑(作業中)
様子を伺いに来た親父が、見るに見かねて手伝ってくれました。
同じようにやっているつもりでも、何か違う…。

その後、急遽自宅裏にあるビニールハウスの補修をすることになったり、マルチを買いに行って渋滞にハマッたり。
この時期、我が家の辺りは、河津桜見物帰りの渋滞がひどいんですよね。

20130303 タマネギ定植
作業が中断しましたが、なんとか17時過ぎに終了。
穴間隔の狭いマルチに変えたことと、苗自体も100本ちょっとしかなかったので、一列で足りました。

立派に育ちますように。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (155)
わが家 (65)
田舎ぐらし (59)
薪ストーブ (25)
薪づくり (43)
アウトドア (33)
ダッチオーブン (26)
道具など (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR