topimage

2013-07

カエルとスイカと - 2013.07.28 Sun

今日も暑い中、農作業。
お父さん、お母さんは田んぼで草とり。

子供たちはカエル採りに精を出しました(笑)

20130729_231034[1]
三人合わせて20匹くらい。
あっという間に捕まえてました。

その他、オタマジャクシからカエルになる途中、尻尾が残るヤツを見つけて興奮気味。

20130729_231056[1]
全部集めたところも撮ってみましたが、さすがに気持ち悪いので載せません(笑)


隣の畑では、じいちゃんも草とり。
この時期、野菜もどんどん成育しますが、雑草もどんどん伸びてしまいます。
ちょっと油断すると、すぐにジャングルみたいに。

合間に、じいちゃんがスイカを採ってくれました。

20130729_214548[1]
畑で、採りたてにカブりつきます!
子供たちは“志村食い”に挑戦してました(笑)

スイカは、ちょっとだけ日陰に置いておいただけで、ヒンヤリ感じます。
スイカのみずみずしさが、火照った身体に染み渡り…旨すぎです。

私たちもじいちゃんも、作業は昼までで終了です。
これ以上続けたら、倒れちゃいますからね。

昼食はじいちゃんも一緒に、ヒンヤリと素麺をいただきました。
例によって我が家のウッドデッキで。


私は毎日冷房の効いた事務所で仕事しています。
ともすると、日中の暑さを知らないまま一日終わることも。
元々動いている方が性に合っているので、暑い中、体を動かして汗をかくことが気持ちいいです。

その方が心身ともに健康的ですよね。

最近の我が家 - 2013.07.24 Wed

梅雨も明け、すっかり夏らしくなりましたね。


山は青く、田んぼの稲もすくすく育ち、我が家の雑草もすくすく…。

日中は暑いので、最近は一日作業するのは危険です。まぁ、その後のビールは格別ですが(笑)
こんな中、毎日外で仕事されている方々には頭が下がります。


玄関前、昨年朝顔の鉢植えを置いていたとこから、今年になって勝手に生えてきました。
せっかくなので、柵?棚?の代わりにサルスベリの木を組んでおいたところ、日増しにツルが伸び、葉も大きくなり、モサモサと繁ってきました。


地を這う朝顔も悪くないです。

自宅西側、先日薪小屋を増設したところにも、勝手に朝顔が生えてきています。
こちらも順調に勢力を拡大中。


山や田畑に囲まれている我が家では、この時期、蚊が多くなります。(年中出るんですけど。)
そんな我が家は蚊取線香派です。
玄関に実家から譲り受けた火鉢を置き、蚊取線香を焚きます。
線香の煙が吹き抜けを昇り、二階までほのかに行き渡ります。

fc2_2013-07-15_01-54-06-341.jpg
そういえば、トイレのペーパーホルダーを取り替えました。とうくりさん特製です。
ちょっとした小物を置ける棚を付けたいと思っていたので、ピッタリです。
無垢の木の香りと質感がいいですね。
芯の部分など仕事が細かいです。

そろそろ子供たちも夏休み。
今年もウッドデッキで毎日プールかな?
昨年、連日酷使してパンクしちゃったので、新調しないといけません。
子供たちが楽しげに水遊びしている姿を見ていると、こっちも入りたくなります(笑)

薪小屋できました。 - 2013.07.21 Sun

確か2か月くらい前に手をつけ始めた薪小屋の増設。今日ようやく完成しました…。

時間がかかったのは、単に放置していただけです(苦笑)


午前中、まずは自宅奥のデッドスペースの草刈り。ずっと手をつけていなかったので、ジャングルのようになってました。
ここに、先日伐採した桑の木や雪柳を移せば、庭の整備を進めることができます。

その後、薪小屋の仕上げ。
場所を決め、雑草予防のシートを敷き、コンビテナーを据え付けたところで中断していましたが、先週末から作業を再開。

DSC_0356[1]_convert_20130722005956
今回も、材料は基本的にリサイクル。
購入したのは、ポリカ波板、傘釘、角材の一部のみです。

設置したのは自宅西側。
こちら側は風が強いので、よく乾いてくれるはず。

既存の薪小屋がコンビテナー4台分ちょっと。
今回増設したのがおよそ3台分。
これで1シーズン分は十分に賄えると思います。

コンビテナーがあと2台残っているので、それを使って自宅裏(北)側に、更に4~5台分くらいの小屋をつくりたいと思っていますが、いつになることやら。

でもこれで、野積みのままの薪が片付き、残りの玉切りにも手をつけることができ、庭の整備も進み…と、停滞中の作業が一気にはかどる…つもりです(笑)

みんなで農作業 - 2013.07.20 Sat

ウチの田んぼは除草剤などの農薬を使っていないため、この時期は雑草との戦いです。しかし、除草より雑草の成長の方が早く、なかなか行き届きません。

そこで「農作業体験しませんか♪」と友人知人を誘い出し、手伝ってもらうことにしました。

集まってくれたのは、カミさんの友だちと、私の会社の同僚で、4名のお姉さま方+男の子2名。
幸い曇り気味な空模様。暑いことには変わりありませんが、炎天下とはならずに助かりました。

DSC_0352[1]_convert_20130720222941
田んぼの泥の感触がぁぁ…
稲と雑草の見分けがつかないぃぃ…
カエルがいたぁぁ…
などなど、終始賑やかに(笑)

DSC_0346[1]_convert_20130720223142
その間子供たちは、田んぼ脇の用水路で虫採り。
ウチの娘たちだけだと、オタマジャクシが関の山ですが、お兄さんたちはザリガニやドジョウも採ってくれました。

ザリガニは脱皮したばかりで、脱いだ殻と共に捕獲。感触を比べたりして、子供たちも興味津々でした。
なかなか遭遇できませんよね。

DSC_0353[1]_convert_20130720222754
午前中の作業を終え、我が家のウッドデッキで昼食。
メニューは、夏野菜たっぷりカレーと、採りたての生野菜。
そしてビールが染みわたります…。

作業後に、田んぼに隣接する畑でトマトとキュウリを収穫。昼食用に持ち帰ったのですが、みんな待ちきれずつまみ食いです(笑)
特にトマトが甘くて好評でした。

食後、カミさんがみんなの手相を診るなど、ガールズ?トークに花が咲きます。
入り込めない私は、ひとり洗い物したり、コーヒー入れたり(苦笑)

そんなこんなで、あっという間に時間が経ち解散に。
普段はひとり黙々と取り組む辛い作業も、大人数でワイワイやると楽しいものです。薪狩りと同じですね。

来てくれた方々も、普段できない体験に楽しみながら取り組んでくれました。
また、採りたて野菜の美味しさや、無農薬で米をつくることの大変さを実感されたようでした。

みなさん、暑い中ありがとうございました。ぜひまたお願いします。

もし興味のある方、手伝ってやってもいいかな…と思う方、ご連絡お待ちしてま~す。
一緒に旨いビールを呑みませんか?

Forbidden Kyoto - 2013.07.16 Tue

先日、夜遅く、偶然観たテレビ番組。元々は、3年くらい前に放送されたもののようです。
イギリス人カメラマンが、京都の舞妓さんの様子を撮影してました。

~~以下、NHKのwebサイトより番組紹介~~
NHKワールドで全世界に放送され、好評を博した「Forbidden Kyoto」の日本語吹き替え版。
海外の人達にとって京都は常に日本の代名詞であり、あこがれの都である。その魅力は外部の人間を容易には近づけない"禁断の世界"を数多く内に秘めていることによって、いっそう増す。京都の"禁断の世界"を2回シリーズで伝える。1回目は花街に生きる人達の姿を描く。

京都は外国人に特に人気ですが、舞妓さんに会えるのは、道を歩いているのを目撃するくらいのようです。
日本人だって、“一見さんお断り”の料亭にでも行かない限り、身近に接する機会はないんじゃないでしょうか。
私など、おそらく一生縁がない世界だと思います…。

番組を観て、今まで何も知らなかった花街のことを少しだけ伺い知ることができました。
舞妓さんと芸妓さんの違いとか、いろいろなしきたりとか、様々な人が関わっていることなど。
花街の世界に限らず、外国人を魅了する日本文化って多いですよね。
しかし、当の日本人ですらよく知らないことって、多いと思います。
造詣の深い外国人の方が、遥かに詳しかったり。


この動画は「茶の湯」の回のようです。
オリジナルの外国向けの内容なので、何を言っているのかさっぱり(苦笑)
でも、充分に伝わってくるように感じます。

“禁じられた”というより、“知っておくべき”“後世に伝えていきたい”大切な日本の文化だと思いました。
本格的なものは難しいでしょうが、根本となる理念などを知り、ちょっとでも日常生活に取り入れたりして、
“日本人の良さ”みたいなものを身に付けたいと思いました。

梅雨明けBBQ - 2013.07.07 Sun

今日は朝から暑かった…蝉の鳴き声も聞かれるようになり、夏のニオイがします。
こんな日に昼間からビールなんか呑んだら、旨いに決まってますよね?

ちょうどいいことに、午後から友人宅でのバーベキューに招待されていたのです!
こう暑いと、つい怠け癖が出てしまいますが、目の前のニンジンならぬビールを目標に、午前中はカミさんとともに洗濯や掃除、残していた衣替えに勤しみます。

その後、隣の畑のおばあちゃんに頼まれていた作業をすることに。
ビニールハウスの骨組を切断し、移設のお手伝い。金属パイプから飛び散る火花が熱かったー。

そして、お待ちかねのバーベキュー。

ウチからは、カミさんのとこのハチミツと北海道産の干物(ホッケ、ツボダイ)、親父の畑の野菜を差し入れ。
ホストである友人の奥さんは、早速それらの野菜でいろいろ料理をつくってくれました。すばらしい。

もうひとりの友人は、なんと自家製のリコッタチーズを持参。
クラッカーにチーズをたっぷりのせて、そこにハチミツをかけていただきました。
なんだかバーベキューじゃないみたい(笑)

そして、子供たちが楽しみにしていた流しそうめん。




今回はなんと、流しさくらんぼ(笑)も。贅沢?です。
ウィンナーやオニギリが流れてきた、某所での流しそうめんを思い出しました(笑)

合間には、隣の空き地で子供たちと野球やサッカー、ドッジボールなどをして腹ごなし。
友人の息子(小1)は少年野球をやってるだけあって、いい球投げてました。

気心の知れた間柄で、働き者と料理上手が揃っているので、すっかり甘えてしまいました…。
これでまた一週間がんばれそうです。

再開…かな。 - 2013.07.03 Wed

以前、庭づくりを始めたらしきことを書きましたが、やはり、それ以来進んでいませんでした。

そこで、一昨日珍しく明るいうちに帰宅した勢いで、ひと仕事。


桑の木と、山盛りになっていた雪柳をバッサリと切りました。

ここは当初からの予定で、奥の倉庫への通路にする箇所。
新築前から植えられていた草木を残していましたが、雑草が生い茂ってきたのを機に片付けてしまいました。

まだ切った後の枝を片付けてないので、雑然としてますが、それでも視界がひらけて明るくなった感じがします。

通路になる箇所は、まだ野積み中の薪が占領しているので、まずは薪を片付けないと。

小ブログ(PC版)のトップ画像のような“モリモリ雪柳”はなくなりましたが、隣に出てきていた子供たちは残してあります。
紫陽花や菖蒲などの草花も移植したりして、庭らしくしていきたいです。

あと、いずれ合歓の木を植えたいなーと思ってます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (159)
わが家 (65)
田舎ぐらし (61)
薪ストーブ (25)
薪づくり (44)
アウトドア (34)
ダッチオーブン (26)
道具など (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR