topimage

2013-10

金メダル - 2013.10.31 Thu

金メダルです!
オリンピックです!!
本物です!!!


昨日、オリンピック金メダリストの講演を聞く機会がありまして、生まれて初めて、本物の金メダルを手にしました。

持ち主はこの方。


当時、確か電話ボックスにメダルを置き忘れ、一躍時の人になりましたね。
もう25年も経つそうです。

プロフィールにも、「金メダル置き忘れ事件で有名な…」といった紹介がされていました(笑)
ご本人も「金メダルを置き忘れたと言いますが…いいですか皆さん、メダルを獲らないと忘れられないんですよ!私は獲ったから忘れることもできたんですからね!」と、すっかりネタに(笑)

講演のテーマは「オリンピックへの道」だったのですが、始まると「今日は違う話をします…」と。
で、話しはじめたのが、この度の東京五輪招致や、レスリングの五輪種目除外候補から復活した件、IOC等の組織の裏話なとなど。
タイムリーで興味深いお話になりました。

小林さんといえばバラエティ番組でイジられている印象しかなかったんですが、レスリング協会の立派な役職があるんですね。失礼しました。


メダルの裏面には、平和の象徴“鳩”が、そして写真はありませんが、側面には競技・種目名が刻まれていました。なので、個人種目であれば誰のメダルか特定できるとのこと。

現在のものは、これより少し大きくなっているようですが、ズッシリと重みがありました。

ちなみに、歴代の金メダルの中でも、いまだに最も輝きを保っているのは、東京オリンピックのものなのだそうです。
そんなところでも「made in japan」の技術の高さを垣間見れますね。

ストーブメンテ 2013 - 2013.10.27 Sun

ようやく手をつけました。

20131028_233732[1]

今年もこの時期になってしまいました…。
台風の接近が心配された日曜日。幸い晴天に恵まれ、絶好の作業日和となりました。
この日を逃したらシーズンに間に合わない!?
台風が逸れることを祈っていました。

20131029_003538[1]
放置されること約半年。
毎年毎年、すぐ手入れをしてあげようと思いつつ、実行したためしがありません…ごめんよ。

20131029_003248[1]
シーズンオフの間、花瓶や麦茶の入ったジャグなどが置かれていたストーブトップ。
敷いていたラグを取ると、かなり錆が出ています。

20131029_003100[1]
まずは煙突掃除から取りかかります。
写真のS字の部分に最も煤が貯まります。
長さはありませんが、そのままではブラシが奥まで入らないので、分解して掃除です。

20131029_003136[1]
今回の収穫。量は昨年と同じくらいでしょうか。
全体的に、煙突の内側に薄く煤が付いていました。大きめの欠片はS字部分から出てきました。

20131029_003045[1]
続いてストーブ本体の掃除。
触媒の半分ほとが見事に崩れ落ちていました。
昨年のメンテ時には、一部欠けたり、僅かに変形しはじめていた程度で、そのまま使用したのですが、さすがに交換が必要です。痛い出費です。
5シーズン経過で触媒交換となりましたが、そんなもんなのでしょうか?
それとも、上手に焚けばずっと使える?

20131029_003032[1]
錆を落とし、ストーブポリッシュで磨いて甦りました。
ピカピカになり、なんだか嬉しくなってきます。ここまで終わると達成感がありますね。

ファイヤーバックを外した際、ファイバーロープが剥がれてしまいましたが、接着用のセメントがチューブ内でコチコチに固まってしまっていて使えませんでした。これも買わないといけません。
触媒も取り付けないといけないし、まだ焚くのはお預けです…。

ストーブ屋さんに行くことができるのは、おそらく次の週末。
それまで寒くならないように祈って過ごすことにします。

結局今年も…。 - 2013.10.23 Wed

先日の台風以来、寒いくらいの日が多くなってきました。
薪ストーブ生活の再開が待ち遠しい反面、今年もまだ準備ができていません…。

夏~秋にかけて、日頃の忙しさや農作業を理由に、先伸ばしにしてきたツケがここにき…て。
確か昨年もこの時期に慌ててメンテしたっけ…次は早めに取りかかろうって思ってたはずなんだけどなぁ。

こんどの週末も台風みたいですね。
このところ週末ごとに予定が入り、その上、天気も崩れるので、なかなか作業にかかれません。

薪は充分にストックできていますが、煙突掃除や焚き付けづくりが…。
この時期になって焦ってるのは私くらいでしょうね…。

バイリンガル - 2013.10.20 Sun

そういえばここ数か月、散髪しそびれていました。忙しさにかまけて伸ばしっぱなしです。
当初はツンツンするくらいの短髪が、伸びるままにしていたら、スケベっちいような、ぶしょったい感じになってしまいました…。

あ、“ぶしょったい”っていっても分からないですよね。
伊豆の方言だと思いますが、“だらしない”とか“むさ苦しい”といった意味になるでしょうか。

代々伊豆に住み、生まれも育ちも伊豆・修善寺な私。幼い頃から、伊豆弁にどっぷり浸かって生きてきました(笑)
当然方言を理解できますし、自分でも話せます。しかし、子供の頃は方言が恥ずかしいと感じ、使うことはありませんでした。
今でも普段の生活では、殆ど方言を出すことはないと思います。(訛っていないと思ってるのは自分だけ!?)
でも、親や地元の年配の方と話すときなどは、相手も訛っているからこちらも自然と方言がでてきます。
それに、その方がよりニュアンスが伝わる気がします。
なので私は、方言を相手や場面によって使い分けています…というと大袈裟でしょうか?

もう20年以上前の話ですが、知り合いの食事処のおばちゃんが、伊豆の方言を列記した手ぬぐいを作ってました。
お年寄りから聞き取り、地元の方言を集めたと言ってました。
当時、私の祖母や母がその手ぬぐいを見て、なじみの言葉もあれば、意味が解らない、使わない言葉もあったそうです。
言葉は歴史の中で変化していくものだと思いますが、方言もひとつの文化?と考えれば、なくなってしまうのは寂しい気もします。

…てなことを考えつつ、訛ったアイドルのドラマが終わってしまった寂しさにも慣れてきた、今日この頃です。

野風僧 - 2013.10.14 Mon

日曜日、稲刈りを終え、Tさん、親父とともに夕食に出かけました。
場所はいつもの「野風僧
実家近くにある居酒屋です。

20131015_183342[1]
店名の由来は、もちろん河島英五のあの名曲。マスターが好きみたいです。
ウチの親父はカラオケに行くと、オリジナルメロディで歌い上げます(笑)

20131015_183256[1]
こちらのお店、建物には無垢の木材がふんだんに使われています。
某工務店さんの家みたいで、居心地がいいです。

肝心な料理ですが、各種定食ものや、その他各種酒の肴もいろいろ(…ザックリでごめんなさい。)
どれもおいしいです。トンカツをはじめとした揚げ物が特に人気です。
お酒も、各地の地酒、焼酎などが楽しめます。

遠方からの観光客も、たくさん訪れるそうです。
この日も、東京から来たお客さんが、順番待ちしてまで食事していきました。

我が家の娘たちもお気に入りです。

20131015_183311[1]
鶏カツ&鶏唐揚げ&つくね丼?を食す長女。なんでも乗せたいお年頃のようです。

20131015_183323[1]
いっこうに生えてこない前歯でかぶりつく二女。

20131015_183332[1]
付け合わせの「ちとぅ(きく)」を見つけた三女。まだ「かきくけこ」が言えません。

20131015_183410[1]
兵どもが夢のあと…満員だった店内も、私たちが一番最後でした。
食事だけのお客さんが多くて儲からないって、マスターがぼやいてました。
でも、私たちは儲かる客だったみたいです(笑)

20131015_183420[1]
今日もおいしくいただきました。
よかったら、行ってみてください。おすすめのお店ですよ。
わたしのテキトーな記事では、お店の良さはちっとも伝わらないと思いますので、
冒頭のリンクなどを参考にしてください(笑)

ちなみに、お店の駐車場はだいたい満車、いつも混雑しているので、事前の電話確認とか予約がおすすめです。
駅からすぐ近いので、ぜひ電車で行って、ゆっくり呑んでくださーい。

稲刈り2013 - 2013.10.13 Sun

今日は稲刈り。

20131015_183131[1]
秋晴れの、絶好の稲刈り日和となりました。

今日稲刈りするのは、餅米の田んぼのみ。
全体の1/3くらいでしょうか。
仕事の休みが合わない兄と私が分担し、親父とともに作業します。
残りのうるち米の田んぼは、明後日の予定です。

20131015_183153[1]
今日は、四人会のメンバーのひとりTさんが応援に来てくれました。
作業の合間、休憩中のひとコマ。なぜか体育座りのTさん(笑)

その後、兄のとこの子供たちも合流し、一段と賑やかになりました。

20131015_183209[1]

20131015_183220[1]
終盤には、順番にコンバインに乗せてもらいご機嫌です。

20131015_183231[1]
ひととおり刈り終え、お待ちかねのお弁当タイム。う~ん賑やかです(笑)

その後、明後日予定している田んぼに移動。
今日のうちに四隅や周囲を刈り取っておき、当日作業しやすいようにしておきます。

親父曰く、昨年よりたくさん採れているんじゃないか?とのことですが、さてどうでしょう。
餅米はもちろんですが、うるち米がたくさん採れる方が助かります。年々食べる量が増えてますからね。


この日、とうくりさんでは見学会が開催されてました。
なんでも、各所に鉄をあしらったお宅とのこと。
同じく鉄好き?としてはとても興味があったのでぜひ伺いたかったのですが、間に合いませんでした…残念です。
そのうち、おじゃまできる機会があるといいなぁ。

久しぶりに薪 - 2013.10.10 Thu

先日の小学校の運動会のあと、久々の薪狩りに行ってきました。

場所は熱海。

私の勤務先の関係筋にお願いし、伐採した木が出たときには譲ってもらえるようお願いしているのです。

20130926_225945[1]
これは、薪狩りの数日前に確認した様子。
今回の獲物は主に桜。他にも種類の分からない木がありました。
(そういえば、樹皮ハンドブック活用してないな…)

20130930_020555[1]
午後3時頃に行ったら、既に手頃なものはなくなっており、残っていたのは極太サイズや長大なものばかり。
この場所はチェンソーを使うことができないので、車に積めるサイズしか持って帰ることができません。
どうしようか迷いましたが、せっかく来たので、時間を合わせて来てくれたYさん、Nさん手を借りてなんとか積みました。(ちなみに、これは軽トラじゃありません。)

20130930_020616[1]
自宅に戻り、なんとか一人で荷台から降ろしました。

写真左のものは、“コスプレ番長”Nさんからのお裾分けクヌギ。
断面には無数の斧の痕(Nさん曰く「ためらい傷」)が。
どうしても割れなかったツワモノを押し付けられた?…いやいや、ありがたく頂戴します!


それから1週間後、久々の薪割り。
農作業や暑さを理由にずっとサボってましたが、ぼちぼち再開しないと、
たまっている原木がちっとも片付きません。

20131013_071651[1]
急に根をつめると、すぐにあちこち痛くなるので(苦笑)、リハビリがてら素性の良い玉を少しだけ割りました。
ちょっとずつペースを上げていかないと…。

塩釜焼き - 2013.10.07 Mon

いただきものの豚肉。煮豚に続き、この日は肩ロースのブロックで塩釜焼きに挑戦です。

20131006_222521[1]
一度やってみたいと思ってたんですよね、塩釜焼き。
粗塩にハーブと卵白を混ぜ、それで肉を包んで焼くだけ。
肉に下味は付けませんでした。

20131006_222536[1]
もっと大変なものかと思ってましたが、やってみたら簡単でした(笑)

20131007_014308[1]
オーブンで焼いている間、カミさんと2人、ちょうど親戚から鍋いっぱいもらっていた栗の皮を剥きました。
茹でて剥いておいて冷凍保存します。そのうち栗ごはんなどになるかな。
けっこうな重労働。終盤には包丁を持つ手の握力が効かなくなってきました。

20131007_014117[1]
待つこと90分。塩釜に割れ目が入っちゃいました。
ホントはダッチオーブンや薪ストーブで焼きたいところでしたが、今回は電気オーブンで。

20131007_014042[1]
塩釜を割ると、こんな感じ。旨そうな香りが広がります。
塩辛くなるのかと思ったら、全然そんなことないんですね。
塩の中で蒸し焼きにされた肉は、旨味が凝縮され、ジューシーに仕上がりました。
これは旨い!
簡単で、しかも見た目のインパクトがあるので、パーティー料理にいいかもしれませんね。

次回はダッチオーブンでやってみたいと思います。

雨の運動会 - 2013.10.05 Sat

今日は三女の通う幼稚園の運動会。
雨天の場合は体育館で実施することになっていましたが、天気の快方を見越してか、小雨の降る中、まさかのグラウンド開催。

20131005_234954[1]
応援席には傘の花が咲きました。

20131008_023728[1]
それでも子供たちは一生懸命。

20131005_235132[1]
名物?のパン食い競争では、園児はもちろん来場しているみんなが参加します。

20131005_235053[1]
おやつをゲットしてごきげんです。

20131005_235238[1]
私も出場しました(笑)

20131005_235300[1]
綱引きでは、年長さんvs先生チームの対戦も。
先生方、けっこうマジでした(笑)

結局、運動会終盤まで雨が降ってました。良い天気のもとでやらせてあげたかったですね。
うちはまだ来年も再来年もありますが、今回が最後の子達にはちょっとかわいそうだったかな。
でも、これはこれで思い出に残るのかも。

ひさびさの煮豚づくり - 2013.10.04 Fri

先日、知人から北海道産の銘柄豚をたくさんいただきました。

20131005_233316[1]
何種類かの部位をいただいたのですが、その中からバラブロックで煮豚をつくりました。
毎年年末につくっているヤツです。
お世話になった方々へ、お礼代わりにお届けしたり、もちろんお節用にも。
けっこう好評なんですよ。

20131005_233331[1]
夜遅く思いつきで始めたので材料が揃っていません。
近くには深夜まで営業している店がないので、コンビニをハシゴしました。
それでも古根生姜が手に入らず、チューブのおろし生姜で代用(笑)

20131005_233356[1]
コンボクッカーで煮込むこと90分。
今回、煮汁の配合を少しかえたせいか、ちょっと焦がしてしまいました…。
でも怪我の功名?煮汁が煮詰まり、焦げた風味も加わり、いつもよりこってり濃厚な味わいに仕上がりました。

20131005_233408[1]
さらに思いつき2品目。煮玉子をつくりました。実は初めて。
ホントは煮豚の煮汁を再利用したら…と考えたのですが、煮詰まっちゃったので某レシピを参考に漬けダレを配合。
仕上がりを楽しみに冷蔵庫で寝かせます。

20131005_233436[1]
ここまでやったら、あとはやっぱりラーメンでしょ!?
というわけで、翌日の昼食はラーメンに。
スープは煮豚の煮汁で味付けました。ちょっと甘めの醤油味です。
煮豚はトロトロ。煮玉子も程よい半熟加減。大満足の出来栄えとなりました。

20131005_233520[1]
我が家はみ~んなたくさん食べます。この日も大人2名・子供3名で6食分を完食。誰に似たのか…。
おなか一杯になった子供たち、ぽんぽんになったおなかを比べながら、腹鼓の競演です(笑)



20131006_205913[1]
夜はカミさんと、残しておいた煮豚と煮玉子で晩酌です。

いや、それにしても旨くできました。
またつくろっと。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (160)
わが家 (67)
田舎ぐらし (61)
薪ストーブ (25)
薪づくり (44)
アウトドア (40)
ダッチオーブン (26)
道具など (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR