topimage

2013-12

煮汁reuse - 2013.12.31 Tue

2013年大晦日。朝から薪ストーブの上には、ケトルとともに鉄鍋がならびます。

20140103_235732[1]
サービングポットでは黒豆を煮ています。鉄鍋だと短時間でふっくらと仕上がりますね。

20140104_000211[1]
コンボックカーでは、昨晩仕込んだ煮豚の煮汁を再利用して大根を煮ました。
豚肉の旨味が染み出た煮汁で、これまたおいしく仕上がります。ごはんがすすみます(笑)

20140104_000403[1]
そして、我が家の大晦日の昼食として定番になりつつある“煮豚の煮汁スープのラーメン”
トッピングの煮玉子を、これまた煮豚の煮汁で仕込みます。

20140104_000500[1]
ちょっと甘めの醤油ラーメン。できたての煮豚を添えて。旨いんだな~これが。
煮玉子は、少し漬け込み時間が短かったかな。

20140104_000512[1]
家族全員、声にならない声を上げつつ(笑)、あっという間に替え玉までたいらげました。

「煮豚をつくってくれるお父さんでよかった!!」とは子供たちの弁。
“そこか!?”と思いつつ、大満足の昼食となりましたとさ。

煮豚づくり2013 - 2013.12.31 Tue

こちらも恒例となりました、年末の煮豚づくり。

20140103_235451[1]
今年もおいしくできました!


20140103_235247[1]
例によって30日の夜、仕込み開始です。
昨年から、従来、豚肩ロースを使用してきたのを、豚バラに変更。

20140103_235256[1]
いままで“焼き豚”だと思ってましたが、ウチの作り方だと、正確には“煮豚”ですね。
今年は12個。1個約500gです。

20140103_235315[1]
従来、焼きの時点で油がたくさん出るのですが、今回はほとんど出ませんでした。

20140103_235422[1]
12インチdeepに10個、サービングポットに2個でギリギリ収まりました。ぎゅうぎゅう詰めにして煮汁の節約です。
今回、調味料はレシピの4倍。来年のために記録します。
昨年は、サービングポットの代わりにコンボクッカーを使い、今回より少なく10個つくっていました。


20140103_235527[1]
翌朝、冷めた煮汁には脂が大量に固まります。煮汁はもちろん、この脂も無駄にしません。
別の容器に移して保存し、料理に活用します。豚のダシが効いて旨いです。

20140103_235545[1]
でき上がった煮豚は、煮汁とともに1個ずつパック。
お世話になったみなさんへ、ささやかなお礼としてお届けします。

ちなみに煮豚は、切り分けてから煮汁をかけ、温めて食べるのがお薦め。
トロットロで…ジューシーで…手前味噌ですが、絶品です(笑)

この正月に帰省しない姉からは、「アンタのせいで『正月には煮豚を食べるものだ!』と子供たちが言い張り、自分でつくるハメになった」と苦情がきました(笑)

え?あなたのところには届いてないって?
次回からは受注製造で販売しようかな…。

餅つき2013 - 2013.12.30 Mon

毎年恒例、実家で正月用の餅つきを行いました。

20140103_235046[1]
朝から実家の親父や兄が準備してくれていたのですが、羽釜にピンホールがあり、お湯が漏れはじめたとのこと。
慌てて羽釜を新調しました。
近くの某ホームセンターでは取り扱っていなかったのですが、駅前商店街の金物屋で売ってました。しかも各種サイズを取り揃えていたそう。さすがです。
やはり昔ながらの商店はいいですね。この年の瀬に営業していた金物屋に感謝(笑)

この正月は姉家族が帰省してこないため、例年より1臼少なく4臼つきました。
今回、カミさんが体調不良で自宅待機しているため、人手は実質3人。
私がつき、兄が手返し、義姉が子供たちと丸めました。
少ない人数で、しかも子どもたちの世話をしながらだったので、肝心な餅つき風景の写真がありません(苦笑)

20140103_235149[1]
実家では、神棚や床の間、仏壇など、数箇所に餅をお供えします。さらに場所によってサイズが異なるので、3種類の鏡餅をそれぞれ複数つくります。
昨年より、型紙を使って鏡餅を整形するようにしました。サイズが均一になることはもちろんですが、型崩れが防げるという利点があります。

昼食は、もちろんつきたての餅。大根おろし、納豆、きなこ、あんこなどでいただきました。

そして、最後の1臼は子供たちも交代でペタペタと。

兄のとこの長男(中2)は、残念ながらまだ一人でつくことはできませんでした。
その上、ぬくぬくと火の番ばかりしやがって…来年に向けて仕込まなくては、いつまでも楽ができません(笑)

わっ あったかい - 2013.12.29 Sun

先日のクリスマス、娘たちの元にはリクエストどおりの品が届き、朝から大興奮な様子でした。

そしてなんと!

20131228_235232[1]
1日遅れで私にもプレゼントが!

20131228_235325[1]
FIRESIDEから絵本が届きました。たまたま応募した懸賞に当たってしまったのです。
数年前にバーモントキャスティングス35周年メダリアンが当たって以来2度目の当選。
FIRESIDEとは相性が良いのかな?

冬が嫌いで眠ってばかりいたクマさん(熊だから当たり前なんですけどね)が、
薪ストーブのおかげで冬が大好きになりましたって感じのおはなしです。
あれ、なんだか初めて聞いた気がしない…というか、身をもって感じたような話ですね(笑)
アンコールをはじめ、見覚えのあるグッズがたくさん描かれているのも楽しいです。

20131228_235720[1]
絵も、おはなしも、ほんわかしていて温かい気持ちになります。
ユーザー育成のための英才教育?
子供たちにくり返し読ませたら、薪割り手伝ってくれるかな(笑)

狩り納め - 2013.12.15 Sun

3姉妹を連れて薪狩りに行ってきました。
場所は、いつもお世話になっている某社の資材(廃材?)置き場。
棟梁、いつも手配ありがとうございます。

来週も薪狩りが予定されていますが、私は仕事のため不参加。
おそらく、これが今年最後の薪狩りです。

初参加のNさんご夫婦を含め5世帯が参加。
とうくりさんからは、Y社長とI部長がお手伝いに来てくれました。


(I部長、写真拝借しました)
沼津のHさんは、この薪狩りのために単身赴任先から戻って来られたとのこと。頭が下がります。
また、中学生の長男くんも立派な戦力ですね。羨ましいです。

その他のちびっこたちも、ワーワーキャーキャーと楽しげにお手伝いしてくれました。
おかげで、薪リレーの列が必要以上に遠回り(笑)


季節外れのカブトムシも出たりして!?

Hさん、Nさんが午前中で撤収。
少人数になった午後はペースを落とし、ボチボチ作業です。

まだチェンソーが入院中の私は、薪を切らずに口を出すばかり。
棟梁に見つかったら即退場させられてしまうところでした。危ない危ない(笑)


そんなこんなで、割ってるふりと運んでるふりをしつつ、今日もたくさんいただきました。
みなさんお疲れさまでした。


Hさんとこの長男くんの様子を見て、息子がいることがちょっと羨ましくなりました。
やはり一人でも手が多いと楽だもんなー。
でも、仲間内の奥様方や着ぐるみNさんの娘さんなど、女性でも上手に薪割りしてるから、
うちの娘たちも、そのうち戦力になるかな?
今から薪割り好きに仕込まなくてはいけませんね。

干し柿づくり2013 - 2013.12.14 Sat

こんなタイトルだと大袈裟ですが…。

今年も干し柿つくりました…というだけの話です(笑)


相変わらず夫婦でバタバタしていることが多いこの頃ですが、カミさんが柿を採ってきてくれました。


といっても、ひとまず手が届く範囲だけなので、この程度の量です。


例によって、夜なべして皮を剥き、軒下に吊るしました。

干し柿は嫌いではありませんが、特別大好きという程でもありません。
だけど、なぜか“つくらなきゃ”って気持ちになるのです。

柿を採らずにいて、そのまま落ちてしまうのが勿体ないっていうのはありますが。

カミさんには「おばあちゃんが乗り移ってるんじゃないの?」なんて言われます。
確かに、柿を食べたり、皮をムキムキしていると、柿好きだった祖母を思い出します。
昔は実家の庭に甘柿と渋柿両方の木があり、実を採ったり、結んだ柿を吊るしたりと、よく祖母の手伝いをしたものでした。

来年あたりは、やはり祖母が好きだった干し芋もつくっていたりして!?

さて、やりますか - 2013.12.09 Mon

今年の春より携わっていた某イベントが、昨日ようやく終了しました。

昨年まで主軸だったスタッフの多くが、それぞれの事情で参加できない中、事務局の中心的なポストを振られたため、この半年間、寝ても覚めてもイベントのことが頭から離れません。

事後処理はあるものの、とりあえず一段落。ようやく身の回りのことに目を向ける余裕が出てきました。


今シーズン、薪ストーブを焚きはじめて早1か月近く経ちました。
例年よりちょっと早いペースで薪を消費しています。
知人にお裾分けしたりしたことも影響してるかな。

そんなこんなで、薪小屋が1区画が丸々空になりました。明日は雨の予報だったので、帰宅後、夜中に薪を積みました。
既存の小屋が一杯になり、野ざらしにしたままの薪がそこそこあるのです。
雨避けだけでもしておけばよかったのですが、なかなか手が回りませんでした…。

薪小屋1区画のおよそ3/4が埋まりました。例年、1区画がおよそ1か月分。
当初充分あると考えていた薪ですが、ちょっと微妙?
今日積んだ薪が、シーズン終盤に焚くことができるとラッキーなんですがね。


イベントも終わり、心身ともに余裕ができてきたので、ぼちぼちペースを上げて片付けないと。
今のままでは、薪を貰ってきても置場所がありません(苦笑)

おかえり蜂さん - 2013.12.01 Sun

ハチミツ屋のオーナーさん夫妻が、蜜蜂の巣箱を満載し、北海道からやってきました。


今日は、その巣箱を採蜜する場所(蜂場)に下ろす手伝いです。
オーナーさん夫妻の他、地元の養蜂家・富田さん、オーナーさんから独立した村上さん(現在は大仁・田中山で開業中のBeehiveさん)が応援に駆けつけました。

私も微力ながらお手伝い。今年の春、伊豆を発つ時の積込みの時にもお手伝いしました。
今日は私の他に、市内に住む私の従兄弟を道連れです。


今日は3箇所をまわりました。
1箇所につき80~100箱を設置します。
腰に負担がかからないよう、背中に背負って運びます。これがかなりの重労働なのです。


箱を設置し終えると、すぐに出入口を開け、閉じ込められていた蜂たちを外に出します。
草を燻して、その煙で蜂を追い出すのです。


巣箱ひとつあたり蜜蜂がおよそ2万匹。
今年は夏にスズメバチが大量発生し、100箱分ほど被害に遭ってしまったそうで、これでも巣箱が少ないんだそうです。

これから蜜蜂たちは、伊豆で越冬し、来春、桜の蜜を採ったあと、今度は岐阜に移動していきます。

蜜蜂たちも、オーナーさん夫妻も、冬が唯一ゆっくりできる季節なんだそうです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (155)
わが家 (65)
田舎ぐらし (59)
薪ストーブ (25)
薪づくり (43)
アウトドア (33)
ダッチオーブン (26)
道具など (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR