topimage

2014-02

雪ふたたび - 2014.02.15 Sat

先週末に引き続き、また雪が降りましたね。

14日(金)、職場のある熱海市内では、昼前から雪が降りはじめました。
先週のこともあり、早めの帰宅指示も出たりするなか、私この日は幸か不幸か宿直…。

下の写真は午後8時頃の様子。


熱海の市街地では積もることはなかったようですが、少し高台のこの場所ではご覧のとおり。


今回はどこまで積もるのかと心配していましたが…。


雪は夜中には雨に変わり、朝にはすっかりとけていました。


前日の寒さがウソのような、よい陽気に。

その後、昼頃に帰路につきましたが、自宅に近づくにつれ、あたりの様子が…。


先週ほどではないにしろ、自宅付近はまだ雪国でした。


要所の雪かきはカミさんが済ませてくれており、私の出る幕はありませんでしたが。

以前、伊東市内に住んでいた頃は、実家のある修善寺と頻繁に行き来しており、山越えとなるため、冬は必ず車にスタッドレスタイヤを履かせていました。
しかし、今の家に移ってからはその必要もなくなり、一年中ノーマルタイヤで済ませていました。

まだ数年の間は、子供たちの送迎が必要な生活。こんなことがあると、ちゃんと冬支度をしないといけないか?とも思いますが、こんなこと年に何回、いや、何年に一度あるのかないのか。
そう考えると悩みます。タイヤも安くないからなぁ…。



余談ですが、この日の夕食はたこ焼き。


…のはずが、直前にソースを切らしていたことがわかり、明石焼きに変更。
ちゃんと生地の配合は変えてあるそうです。

ちなみにこの鉄板、「電気のたこ焼き機を買ったのでいらなくなったから」と、数年前に兄から譲り受けたました…フツーの家ではそうなんですよね。

鉄鍋好きの我が家にとっては、こっちの方がフツーなのですが。
“カリフワ”に焼けて旨いのにね。

雪 翌日 - 2014.02.09 Sun

翌日は晴天となりました。


昨日は、思いがけない雪を満喫した子供たち(大人も、ですかね。)
テレビでも各地の、特に首都圏の雪の様子を繰り返し伝えていましたね。


一夜明けましたが、まだ辺りにはたくさんの雪。
このままでは身動きとれません。週末で助かりました。


玄関先の山茶花が、屋根から落ちてきた雪でポッキリ折れてしまいました。
他にも、ウッドデッキ横のバラが、積もった雪の重みで倒れてしまいました。
どちらも復活してくれるといいのですが。


幹線にはある程度の轍ができていましたし、そのうち除雪されるだろうから問題ないでしょう。
でも、我が家の周囲は農道なので除雪は期待できません。
幹線まで車で出られるように、自宅前~農道までを雪かき。車が通れればいいので轍部分だけです。
そして、幹線まで出る農道の要所(曲がり角、踏切前)をキレイに雪かき。
農道には、昨夜無理やり車で帰宅したご近所さんが付けた轍が残っているので、これで幹線まで脱出できます。
隣家のおじさんと二人、がんばりました。

ちなみにそのご近所さん。昨夜農道の曲がり角で立ち往生。
買い物帰りに偶然通りかかった私と隣家のご夫婦で救出しました。
私はその前にも、コンビニの駐車場で1台救出。

このあたりは雪に不慣れの方が多く、その上無茶をするので…。


農道沿いの田畑はご覧のとおり。初めてみる景色です。
私はスキーなどをやらないので、子供たちも雪山経験がありません。
子供たちは、誰も踏み入れていない田んぼを転げまわったり、自分の人型をつくったり。
びしょ濡れになりましたが、こんな遊び滅多にできませんからね。

なぜかスキー場には行く気になりませんが、雪中キャンプならありかな。



夜はおじいちゃんを招待し、次女の誕生日パーティー。
お父さんのインフルエンザのせいで、一週間延期になっていました。

長女と三女は、イラストや手紙といったプレゼントを用意。
次女も、一人ずつにお返しを用意していました。
そのやり取りがなんとも微笑ましく…。

最近、将棋を覚えた長女と次女。おじいちゃんに相手をしてもらうのを楽しみにしていました。
相手をするじいちゃんも、嬉しそうでした。

ちなみに私は、将棋のルールを知りません(苦笑)

雪!! - 2014.02.08 Sat

いや~びっくりしました。


目が覚めたら、外はまっしろ。
あまりのことに、頭の中もまっしろに(笑)


この日、実家の親父とともに、毎年恒例の富士宮の毘沙門天例大祭に出掛ける予定でした。
私は病み上がりなので、体調次第で同行するかどうか決めるつもりでしたが。


朝、実家から「雪だから外出中止」との連絡で目覚めました。
外に出て納得。これでは、雪の装備をしていない我が家の車では、とても無理です。
これほどの雪は、今の家に住んでからは初めてのこと。
雪が降ること自体が珍しい伊豆。平地でこれほどの積雪は、おそらく10年に一度あるかないかではないでしょうか。


子供たちにとって、積雪は初体験です。
朝食後、早速、雪国出身のカミさんを筆頭に「正しい雪の日の過ごし方」を実践(笑)


苦労の末“なんちゃってかまくら”を作りました。
かまくらというより、“ほこら”みたいですが。


雪は、朝から夕方まで降り続け、14時頃には10cm以上積もっていました。
時折、屋根に積もった雪が「ドサッ」を落ちてきます。
薪小屋の屋根にも雪が積もり、このままでは壊れてしまいそうだったので、慌てて雪下ろし。
雪かきの経験はありますが、屋根(といっても薪小屋ですが)の雪下ろしは初めてです。


こんな日は薪ストーブのありがたさを実感します。
濡れた衣服が大量に出るので、吹き抜けに物干し竿を渡して干します。
薪ストーブの前より、よく乾きますね。


夜、子供たちが眠った後に、カミさんとなんちゃってかまくらで晩酌。
「どうしても、これがやりたい!!」と譲らない人がいたもので…。
肴は、雪の中、近所のコンビニで仕入れた「厚切りベーコンのハニーマスタードソース」
薪スト―ブの熾火を入れた鉄鍋に缶のままのせ、熱々をいただきました。


カミさんは熱燗でしたが、私はやっぱりビール!
雪で冷やされたそれが格別だったのは言うまでもありません。
インフルでずっと呑んでいなかったからかな?


ただ、かまくらは一人用サイズだったので、快適なのは一人だけ…。
まだ無理もできないので、早々に切り上げました(笑)

やっぱり!? - 2014.02.07 Fri

今年は大丈夫だと思って喜んでいたのですが…。


我が家のインフルエンザも終息したものと思っていた2月1日、薪の会の面々と薪狩りに。
帰宅後、夕方あたりから体がしんどくなってきました。
現場が比較的近かったため、トラックで2往復運んだりしたせいかなーなんて考えていたんですけど。

そして、翌朝になると熱が…。

37度台後半でしたが、病院に行くとA型との判定。
家族の中で最後まで耐えていましたが、遂にインフルエンザを発症してしまいました。

その夜39度まで上がった熱は、4日の朝にはほぼ下がりました。
しかし、体調はなかなか元に戻りません。
特に、腹の調子が悪く、味覚もおかしくなり、食欲が沸きません。

結局、復活するまで一週間かかりました…。

昨年も、やはり同時期に家族全員が次々とインフルエンザを発症。私が一番重症になり、40度の熱が3日続きました。
結果、今年も昨年も、体重が3~4kg落ちるはめに。
年末年始で蓄えてしまった分を落とせたのはいいのですが、どうせなら健康的に痩せたいものですね(笑)



写真は2月4日の夕方、突然降りだしたアラレにはしゃぐ娘たちの図。


この週末は2週連続となる薪狩りの予定でしたが、さすがに病み上がりのため不参加。気持ちは行きたかったですけどね。

初体験のアラレに喜ぶ娘たちですが、この数日後に、まさかあんな天候になるとは…この時には想像もできませんでしたね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (160)
わが家 (67)
田舎ぐらし (61)
薪ストーブ (25)
薪づくり (44)
アウトドア (40)
ダッチオーブン (26)
道具など (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR