topimage

2014-03

雨のち晴れ - 2014.03.30 Sun

日曜日は目覚めると雨。予報どおりです。
あわよくば、自分だけ抜け駆けして、前日の現場に薪狩り行こうかと思っていましたが、叶いませんでした。
それ以前に、体のあちこちが痛くて、満足に動けませんでしたけど(苦笑)

この日は所用で御殿場へ。
自宅を出た後、どんどん天候が荒れていきます。
それでも無事に用事も済み、昼食を済ませて帰路につきます。

途中、開催している“はず”の「SNOW PEAK DAY」を覗いてみることに。

20140331_014743[1]
着いたのは終了予定30分前でしたが、悪天候もあり既に撤収しはじめていました。
私たちが訪れても誰も気にもとめない様子です。なので、ゆっくり見る気にもなれず、さらっと眺めて終わりました…。

現在わが家では他メーカーのテントを使用してます。テントをはじめ、SNOW PEAKの製品が良いものなのはよくわかっていますが、残念ながらなかなか手が出せません。

しかし、まさかこんな近場(田舎)で、しかもこんな場所で開催されるとは思いもよりませんでした。
幼稚園の園庭ですからね。

20140331_014827[1]
雨にもかかわらず、嬉々として遊ぶ娘たち。
曰く「雨の中のキャンプとか慣れているから、全然平気!!」とのこと。
“誰かのせい”でキャンプはいつも雨だと言いたげです。

20140331_014849[1]
帰宅する頃には、すっかり晴れました。
相変わらず娘たちは、甥っ子を捕まえて遊んでもらっています。

私は、ちょこっと空いた時間に薪割り。

20140331_014442[1]
すると、三女が手伝うといって寄って来たので、ちょっとお付きあい。
Nさんちの娘さんのように戦力になるよう、今から仕込まなきゃ。

甥との休日 - 2014.03.29 Sat

私の姉の長男、この春から高校生になりますが、入学を前に千葉から一人で遊びに来てくれました。
なんでも、田舎を充電?したくなったらしいです…。

うちの子の従兄弟の中で一番の年長。下の子たちにも優しく面倒見が良いので、娘たちも大好きです。
今回の来訪を、文字どおり指折り数えて待っていました。

この日は薪狩り。
私は別行動で、所用を済ませた後、薪狩り現場に向かいます。

甥っ子到着後、カミさんと子供たちは、ハチミツ屋のオーナーさんのお仕事を見学。
蜂の巣箱を設置している山(蜂場/ほうじょう)におじゃまして、蜂を見せてもらいました。
なんと運よく女王蜂を見ることができたとか。小さいころから虫好きな甥っ子も感激してました。
その後、みんなで筍採りに興じていたとか(笑)

最近は、帰省の度にわが家で薪割りを手伝ってくれる甥っ子は、この日の薪狩りも応援に来てくれることに。
蜂見学のあと薪狩りに合流しましたが、筍採りに夢中になるあまり、予定時間を大幅に遅れての到着でした。

20140331_020153[1]
「薪割りが楽しい」と言ってます。良い子です(涙)。でも決して無理強いしている訳ではありませんので(笑)


この日の夕食は、ハチミツ屋さんをお借りして、オーナーさん夫妻、親父、兄家族とともにBBQをすることなっていましたので、準備のため薪狩りは早めに撤収させてもらいました。
私としては、まさに山積みのお宝を前に、後ろ髪を引かれる想いです…。

20140331_014527[1]
この日のBBQで一番好評だったのは焼き筍。そして写ってませんが北海道直送の魚たち。
朝採ったばかりの筍を炭火でじっくり焼いていただきました。これが旨いのなんのって。
毎年この時期のBBQが定番になりそうです。

20140331_014645[1]
娘たちは甥っ子にべったり。
筍採りに、薪狩りに、BBQにと、大好きな甥っ子との盛りだくさんの一日に大満足のようでした。

花盛り - 2014.03.25 Tue

庭の花々が盛りです。

20140322_120801[1]
今年もキレイに咲いてくれました。

20140322_120814[1]
花たちにとっては、待ち焦がれた春の到来ってところでしょうか。

20140322_120726[1]
ここからは職場近くのもの。

20140322_120734[1]
もうしばらくすれば、後の桜並木も咲きだします。

20140322_120933[1]
3月も残り一週間を切り、日中はすっかり春らしい陽気になってきました。
気分もウキウキしてきますね。

ぼるめーる - 2014.03.24 Mon

先日のお墓参りの後、知人宅に寄りました。

こちらのご夫婦、私たちが結婚当初住んでいた近所で、レストランをされてました。
今は、ネット通販のケーキ屋さんを営んでいます。

以前レストランだったところは、素敵な自宅に改装されていました。(写真を見せられないのが残念)

お茶をいただき、ひとしきり話した後、工房を見せてもらいました。

20140323_233451[1]
隣接するアパートのキッチンを業務用に改装した工房で、ご主人のロックさん(イケメンのスイス人シェフ)がケーキをつくっています。

20140323_233506[1]
厳選した良質な材料を惜しげもなく使ったガトーショコラ(写真は抹茶のガトーショコラです)は、ズッシリと重量感があります。これはお世辞抜きで食べてみる価値アリ。

その他にも、ケーキ同様にこだわりの品を販売しています。
紅茶やハーブティーに疎い私ですが、このルイボスティーはとても美味しいと思います。

webショップは↓
http://volmer.thebase.in/
オススメです。ぜひお試しを。

ちなみにハチミツ屋でも販売してますよ。

墓参り - 2014.03.22 Sat

春のような陽気の中、お墓参りに行きました。

20140323_233200[1]
私の実家方の墓地も、カミさん方の墓地も共に景色の良い所にあります。
ということは、高い場所まで登るということ。ちょっとした運動です。

私の実家のお墓は菩提寺の墓地。そこには檀家のお墓しかありません。。
刻まれているのは「○○家先祖代々之墓」といった表記ばかり。

一方、カミさん方のお墓があるのは、宗派を問わない墓地。
墓石の形状も、表記も様々。最近はお墓も個性的なものがありますね。

個人的には、家もお墓も、昔ながらに代々続いていくのものだと思ってきたので、前者の方がしっくりきます。
私は実家を継がずに、新しく家を起こした身。もちろん、まだお墓はありません。
代々続くような家になるといいな、などと、ご先祖様に想いを馳せながら考えるのでした。

20140323_233439[1]
お墓参りの後、知人宅に寄りました。
わんこと戯れる子供たちの図。

この知人のお話は、また後日。

ピザ・ピザ・ピザ - 2014.03.20 Thu

土曜日に、隣の畑のおばあちゃんと約束したとおり、翌日の昼食は一緒にピザを食べることになりました。

「どうせピザを焼くのなら、以前から食べたがっていたハチミツ屋のオーナー夫妻も呼んでしまおう」と、朝7時(笑)に連絡し、急遽お招きすることになりました。
朝早く連絡して失礼じゃないかと思われるかもしれませんが、オーナー夫妻は朝早いのです。この時も作業に出発する寸前でした。


生地を捏ねるのと、焼くのは私の担当。
カミさんは、ピザソースの他、トッピングやスープなどを仕込みます。

薪ストーブでの焼きたてピザは好評で、大変喜ばれました。
しかしそれ以上に、おばあちゃんからはいなり寿司や漬け物(セロリの浅漬けが絶品でした!)、オーナーからは極上のスペアリブなど、たくさん差し入れをいただき、豪華な昼食会となりました。
(バタバタと支度していて、写真を撮る余裕がありませんでした…残念)

そんな訳で、予定していた枚数ほどピザを焼かずに済んでしまい、残りは夕食に。
ピザ大好きな子供たちは大喜びです。
またこの日の夜はカミさんが出掛けることになっていたので、残される私も助かりました(笑)

この日はかなり暖かな陽気。
ピザを焼くためにずっとストーブを焚いていましたが、暑いくらいでした。

そういえば、ちょうど1週間前にも私の同級生3人(+子供3人)を招いて、ピザを焼いたばかり。


この時、実はピザも焼豚も正直ちょっと失敗ぎみ。それでも友人たちはとても喜んでくれました。
この後、わが家の定番・手羽先も焼いたり。この日は昼間からよく呑んだなぁ。

来客でもないとピザを焼くこともないので、子供たちは頻繁に食べることができて喜んでました。
そろそろストーブシーズンも先が見えてきた感があるので、今のうちに満喫しておかないと。

久々の畑仕事 - 2014.03.15 Sat

午前中と夜にそれぞれ予定が入っていたのが、その内、午前中の予定が延期になりました。
そららの予定のために薪割りのお誘いを断っていたのですが…。

夜まで時間ができ、個人的には薪割りに行きたかったのですが、ずっとサボっていた畑仕事をすることにしました。

このところ夫婦ともに何かと多忙で、畑がずっと手付かずになってました。

まずは草取り。かなり荒らしてしまったので大変です。
そして、時期的に適当かわかりませんが、畑を整理したかったので、残っていた(また出てきた?)ニラを株分け。
ミントなどのハーブが植えられている所も草を取り救出。春を迎え、増えてくれますように。
そして、ちょっと遅いけどじゃがいもを植えました。


立派な大根は、隣のおばあちゃんちのもの。いつも野菜をたくさんいただきます。感謝。

作業の合間、おばあちゃんも一緒にわが家のウッドデッキで休憩。

お茶受けにケーキを出したけど、おばあちゃん手が出ません。なんでも医者から甘いものを控えるように言われているとか。
また話のなかで、おばあちゃんピザは食べられるとのこと。
最近は近所の洋食屋さんでピザをテイクアウトして食べると聞き、それならばと、翌日の昼食はわが家でピザを食べようということになりました。


子供たちも一日中外でワーワー騒いで過ごしていましたが、特に、畑から顔を出しはじめた土筆とりに興じていました。
畑に土筆がいっぱいってのも困りものですが…それでも昨年よりかなり減ってきたかな。


たくさんとられた土筆は、カミさんにより煮物になりました。春の味ですね。

庭では雪柳や水仙が咲きはじめ、蕗の薹や、明日葉の柔らかな新芽も出てきました。
間違いなく、春はすぐそこまで来ているようですね。

毎年この時期は、薪ストーブシーズンの終わりが近づく寂しさと、残り僅かな薪の在庫でなんとか間に合いそうだとホッとする、複雑な心境です。

やはりスローに - 2014.03.11 Tue

あの日から3年が経ちました。
もう3年、まだ3年。
被災地復興の現状や、原発に関してなど、個人的に思うところは多少あります…が、いろいろなところで、いろいろな人が、いろいろなことを言っていますし、この場はそういうことを発信するものにしたくないので、特に触れません。

月並みですが、他人事ではなく、一日も早く、様々な面での復興に、自分なりに協力できればといいなと思いますし、震災から得た教訓を自らの糧にしたいと思います。


当時、私の住む地域も輪番停電の対象になりました。
確かに多少不便な思いをしましたが、生活に困るほどではありませんでした。
薪ストーブで暖をとることができ、太陽光で発電もし、キッチンはLPガスだし、自前の米や野菜がそれなりにあり、普段から多少の不便さを厭わず、なんちゃってスローライフをめざしていたおかげでしょうか。

震災直後はあれぼど節電について話題になり、心配し、苦労したはずなのに、今はすっかり元の生活に戻ってしまったよう。
“慣れ”って怖いなって思いますね。

ひと昔前のアナログな暮らしが、人間らしくて、人間くさくて、いいなと感じます。

行って、逃げて - 2014.03.01 Sat

あっという間に3月になりました。

1月下旬から我が家はインフルエンザに見舞われ、看病したり、されたり。
そして復帰後、大雪騒ぎがあったり、2月の後半は3週間ぶっ通し出勤(ただ今2週間経過)など、怒濤のように過ぎていきました…。

薪ストーブシーズンもそろそろ終盤に差し掛かり、ぼちぼち薪づくりのペースを上げないといけませんね。
得意の怠け癖のせいで、せっかく集めた原木のうち、まだ割られぬままに残っているものがかなり…。

20140303_123937[1]
写真は先日の積雪時。もちろん今は雪も溶けてますよ。

薪の会メンバー数人に、「我が家で体を動かして、その後旨いビールを呑もう」と提案しています(要は応援要請)が、他人をあてにするより前に自分でやらないといけませんね。

この時期にがんばった分だけ、冬を楽しく快適に過ごすことができる…そう自分に言い聞かせ、ぼちぼちやります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (159)
わが家 (65)
田舎ぐらし (61)
薪ストーブ (25)
薪づくり (44)
アウトドア (34)
ダッチオーブン (26)
道具など (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR