topimage

2014-08

絶景かな? - 2014.08.30 Sat

8月も、もう終わろうとしています。



そろそろメンテしないと…。

薪ストーブを焚きはじめてから5シーズンが過ぎましたが、いまだ煙突掃除を上からしたことがありません。
プロにお願いする手もありますが、挑戦してみようかな、と。

今日のところはひとまず偵察です。


そもそも、なんでこんな梯子が一般家庭に?
少なくとも、私は今まで使われているところを見たことがありません。
ウチの親父殿は謎です…今となっては助かりますけどね。


おっかなびっくり屋根まで上がってみました。
けっこう気持ちいいですね。


このトップに止めてあるナットを外せば煙突が現れるってことですかね。
余裕があったら塗装もしたいところですが…。

屋根の上の様子も分かり、“あーして、こーして”としばしイメージトレーニング。
端から見たら、屋根の上で何してるのかと思われたでしょうね(笑)


屋根に上がるにあたり、動きやすくて、滑らなくて…と考え、履いたのは地下足袋。これは正解でしたね(笑)

あとは、命綱をどう張るかと、道具をどう上げるか。
そして、肝心な煙突の状態はどうでしょうか?
改めて出直します。

ハチ退治 - 2014.08.28 Thu

この時期、ハチは繁殖期を迎えているというだけあって、あちこちに巣をつくるなど活動が活発ですね。
わが家でもよくアシナガバチやクマバチの姿を見かけます。

わが家の敷地や周辺には“やぶからし”と呼ばれる蔓系の雑草がよく生えているのですが、
文字どおり藪も枯らしてしまうほどの繁殖力があり、放っておくとドンドン広がってしまいます。
その花に、よくハチが集まって来るのです。

先日も、庭の草刈り中にアシナガバチが何匹も行き来しているので、もしやと思い覗いてみると…


ありました、外流しの下にアシナガバチの巣が。
他にも草むらの中などにあり、この日だけで3か所発見。
ちなみに、上の写真は駆除後のもの。見つけたときはハチが群がっていてゾッとしました…。

ハチは攻撃されたと感じたとき以外、基本的には人を襲うことはない…らしいですよね。
しかも他の害虫を退治してくれるなど、決して人に害を与える虫ではない…らしいですよね。
でも、正直あまり良い印象はありません。
気づかずにハチの巣を草刈機で切りつけ、ハチが一斉に向かってきたこともありました。
子供もまだ小さいですし、ハチには悪いが駆除することにしています。

そこで強い味方がコレ。


ガンタイプのスプレーで、扱い易く、強力。まさに秒殺。オススメです。
夕方、ハチが巣に戻った頃を見計らい退治しました。
このスプレーを使いはじめてから、ハチ退治が怖くなくなりました(笑)

ミツバチはだいぶ身近な存在になりましたが、その他のハチは、なかなかそうはいきませんね。

本場の味!! - 2014.08.17 Sun

お盆休みも最終日。この日は早朝から、とある作業に借り出されていました。
天気も良く、気温もグングン上がっていきます。
まだ朝だというのに炎天下。時間的にはさほど長くありませんでしたが、もうヘロヘロになりました…。

そんな中、宅配便が届きました。

ズッシリと思いクール便。差出人は北海道の知人。そして品名には「ラム肉」の文字が…。
そう、本場からジンギスカン用の肉が届いたのでした。
しかも、送ってくれた知人は、ちゃんとカミさんお気に入りの肉屋さんのものをチョイスしてくれたそうです。


当然、夕食はジンギスカン。わが家はみんな大好き。
特に北海道出身のカミさんにとってはソウルフード。
お盆休みのシメ、そして明日からの仕事に備えるに相応しいメニューです。

大人も、子供も、
肉も、野菜も、ゴハンも、ビールも、モリモリ平らげました~。
あ~幸せ。


ジンギスカンは肉の漬けダレを野菜にも染み込ませながら焼くので、食べ終わった鍋はこげこげのギトギトに。

このジンギスカン鍋は、私が子供の頃から使ってまして、その頃、親は扱いにくそうにしていました。
しかし、鉄鍋エンスーとなってしまった私にとっては、苦痛でも何でもありません。
むしろ食後の儀式(大袈裟?)みたいなもんでしょうか。


確かに手間はかかりますが、鉄鍋に限っては嫌にはなりませんね。
この日も、ちょっと時間はかかりましたがピカピカになりました。
仕事に対しても、これくらい根気強く取り組めたらねぇ…。




ちなみに、この日、作業でヘロヘロになったお父さんとは対照的に、プールでご機嫌な3姉妹でした。

夏キャンプ 2014(その4) - 2014.08.15 Fri

キャンプ3日目、最終日です。

起床後は、まずみんなで散歩。

fc2_2014-08-18_22-01-51-242.jpg
3日目にして、ようやく萬城の滝まで来ました。
マイナスイオンをたっぷり浴びて、なんともいい気分。

サイトに戻り、朝食にとりかかります。

P1000667.jpg
前夜の雨で焚火しにくくなったので、ツーバーナーでそうめんを茹でます。
この後撤収も控えているので、鍋も片付けやすいヤツで。

P1000669.jpg
という訳で、朝食はサラダそうめん。
前夜の肴になり損なったオイルサーディンや、残っていたチヂミのタレもアクセントになり、思いがけず旨くできました。

そして、朝食を済ませ、すぐ撤収にかかります。
結局、3日間ちょこちょこと雨に降られたので濡れたまま片付けることに。
すると、今頃になって初めて夏らしい太陽が…せめてあと1~2時間早く晴れていてくれればねぇ。

大人2人がリビングや道具類を片付けている間、子供たちだけでテント内の荷物を整理してくれました。
しかも、20年近く使う私の旧型シュラフまで片付けちゃいました。
今時のものと違いコンパクトにならない代物なので、いつも撤収に苦労してるのです。これには驚きました。

おかげで撤収はスムーズに進み、思っていたより早く終わることができました。
いや~助かった。

11時頃にキャンプ場を後にすると、下界はウソみたいに良い天気。3日間の山暮らしから、突然真夏の陽気…いきなり現実の世界に連れ戻された感じです。

途中、初日に行った白岩の湯に寄り、その後昼食を済ませて帰宅しました。
ちょっとゆっくりしたい気持ちもありましたが、そうも言っていられません。
すぐに荷物の片付けにかかります。
せっかくの好天、しかも翌日は仕事。今しか片付ける時がありません。

P1000677.jpg
テント、タープ、グラウンドシートは水洗いして干しました。
天気がよかったおかげで、すべてカラッカラに乾きました。

fc2_2014-08-18_21-48-18-981.jpg
クッカーやカトラリーも広げて乾燥。
家の中では、洗濯機がグルグル回り続けてます。
なんとかすべて片付き、ひと安心です。

この3日間、準備不足だったり、頻繁に雨に降られたりしましたが、怪我などもなく、なんとか無事に終わりました。
子供たちも楽しんでくれたと思います。

日頃なかなか忙しいですが、もっと頻繁にキャンプに出かけられるようにしたいですね。

ちなみに

fc2_2014-08-18_21-47-39-042.jpg
キャンプには、こちらのカメも同行してました。
お疲れさま。

夏キャンプ 2014(その3) - 2014.08.14 Thu

キャンプ2日目、午後の部です。

P1000623.jpg
昼食後は、子供たちお待ちかねの川遊び。
あまり太陽が顔を覗かせない陽気の中、冷たい川に入るのは覚悟が要りました…。
それでも子供たちは全然平気な様子ですが、さすがに長時間水に入っているのこたえます。
休憩を挟みつつ、1時間ほどで切り上げました。

P1000629.jpg
萬城の滝の下流、遊歩道が続く先にはちょうどいい深さの川遊びポイントがありますが、いつも込み合います。
なので、わが家が遊ぶのは滝の上流部。現地の方に教えてもらった穴場です。
写真中央あたりは大人も足が付かないほどの深さ。岩から飛び込んだりもできます。

P1000631.jpg
川から上がった後は、焼きマシュマロとチョコレートフォンデュのおやつ。

P1000634.jpg
ちょうど遊びに来ていたお友達も一緒に、あっという間に平らげてました。

P1000638.jpg
そして、昼寝して夜に備え…

みんなで夕食の支度を開始。
メニューは煮込みハンバーグとサラダです。
ちなみに煮込みハンバーグはお父さんのリクエスト(笑)

P1000642.jpg
タマネギ炒めて…

P1000644.jpg
野菜を切って…

P1000650.jpg
ハンバーグをこねて。
みんな、お手伝いが上手になってきました。

P1000656.jpg
キャンプにコンボックカーは欠かせませんね。やっぱり焚火で使いたい。
容量的にもわが家にちょうどいいです。(食べすぎ?)
ハンバーグがグングン膨らみ、カリッ、フワッ、ジュワ~と焼きあがります。

P1000659.jpg
う~ん、大満足の出来映え!

P1000661.jpg
その旨さは、間違えて1合多く炊いてしまったご飯が、何事もなかったかのように食べ尽くされたことからも伺い知れるところです(笑)

みんなで洗い物をしたあとは、腹ごなしついでに少し歩いて、流れ星を探しに行きました。
まさに空一面にばら撒いたような星空。星だらけ(笑)
わが家周辺もよく星が見えると思ってましたが、やはり全然違います。

こうして、濃密な一日が終わりました。
子供たちは寝床につくと、あっという間に眠りにつきました。

でも、オトナだけの時間も忘れていません。
カミさんと二人、焚火を囲んで呑みなおしましたとさ。

夏キャンプ 2014(その2) - 2014.08.14 Thu

キャンプ2日目。
この日は朝から盛りだくさんでした。

起床後、散歩の後に朝食の準備。
ロールパンのサンドイッチ、スープにサラダのシンプルメニューです。

fc2_2014-08-18_21-44-16-040.jpg
極力、子供たちと一緒につくります。

fc2_2014-08-18_21-44-48-094.jpg
子供たちも、自らつくった食事はおいしさが増す模様。
洗い物など後片づけもみんなで一緒にやります。回を重ねる毎にできることが増え、成長を感じられます。

朝食後は、ちょうどキャンプ場で開催しているイベントへ。

fc2_2014-08-18_21-45-15-122.jpg
いろいろある中から、竹細工体験をチョイス。

fc2_2014-08-18_21-45-52-220.jpg
次女と三女は“ダイコン鉄砲”を。(サイコロ状のダイコンを弾にして飛ばします)

fc2_2014-08-18_21-45-35-076.jpg
長女は水鉄砲をつくりました。

fc2_2014-08-18_21-46-18-829.jpg
つくるといっても、一部手を掛ける程度ですが。
それでも上手にできたとご満悦(笑)

fc2_2014-08-18_21-46-48-423.jpg
その後はイワナのつかみ捕りに挑戦!

fc2_2014-08-18_21-47-03-584.jpg
大人もほとんど捕れない中がんばりましたが…。
最後に1匹網で捕ってもらい、つかみ捕り気分を味わいました(笑)

fc2_2014-08-18_21-47-21-501.jpg
そのイワナは即昼食に。
子供たちの目の前で、生きたまま捌きます。
日頃から、命をいただいて生かしてもらっているということ、尊さ、感謝を説いたつもりですが、少しは伝わったでしょうか。

fc2_2014-08-18_22-11-53-829.jpg
そんな訳で?イワナはシンプルにハーブソルト焼きに。
隣の鍋では“つるむらさき(知ってます?)”を茹でて、お浸しに。

fc2_2014-08-18_22-12-09-777.jpg
他にサンマのみりん干を焼いたり、イベント出店中のスラッカンのオモニからチヂミを買ったりして、まるで自宅での食事のようになりました(笑)

つい30分前まで泳ぎまわっていたイワナ。絶品でした。

まだ続きま~す。

夏キャンプ 2014(その1) - 2014.08.13 Wed

夏休み。やっぱり今年もキャンプに出かけました。

場所はいつもの?萬城の滝キャンプ場。自宅から車で30分もかからない程ですが、適度に浮き世離れ感があり、何度も利用しています。

今回もいつものように(苦笑)、ギリギリになって食事メニューや大体のスケジュールなどを決定。
ただ、今年は前日は仕事が休みで、買い出しができた分、よかったでしょうか。
それでも、当日の朝に慌てて荷物を支度したので忘れ物がチラホラ。我ながらもっと計画性がほしいものです…。

初日、何とか昼頃に現地入り。
カミさんと私は設営。その最中、子供たちに昼食の準備をしてもらいました。


メニューは、子供たちだけで支度できるようにと、餃子の皮を使ったミニピザに。
野菜やチーズなどの具を挟み、スキレットで焼き上げました。
全部で40~50個ほどできたでしょうか。がんばってくれました。

遅めの昼食を済ませた後は、追加の買い物がてら「白岩の湯」へ。
キャンプ場から車でおよそ15分くらいでしょうか。なんとも素朴な公営浴場。地元の人で賑わってました。
あまりにも混んでいたので、ちょっと萎えましたが…。
でも家族5人で600円!この格安料金は嬉しいですね。


キャンプ場に戻った後は夕食の準備。
メニューは、手羽元と野菜のロースト、キャベツのスープ。





ダッチオーブンでつくるロースト。旨くないわけがない。“鉄板”です。わが家の定番メニューです。

今回のサイトはエリアの端で、自分たちの区画の他に周りのスペースも使うことができ、快適なサイトがつくれました。
また、すぐ裏に小川があり、スイカや飲み物を冷やしたりも。
周りに迷惑をかけない範囲で、けっこ自由にできました。

断続的に降る雨さえなければ、言うことなかったんですがね。

翌日以降の様子は、また改めて。

光のアート - 2014.08.10 Sun

今日は朝から雨。
草刈や片づけごとなど、やりたいことが山積みでしたが、思うようにいきません…。
でも、台風で大きな被害が出ているところもあることを考えれば、贅沢は言えませんね。

午前中、カミさんが仕事の間は子供たちと家事をして過ごしました。
しかし、遊びたい盛りの子供たち。一日中家の中でガマンしきれません。
そこで、午後から熱海のMOA美術館に出かけました。

前半の展示は、横山大観や伊東深水など私の好きな日本画が。
何度観てもいいですねぇ。
後半は、夏休みの子供向け特別展「光のアートで遊ぼう」が開催されてました。

写真撮影OKだったので、ちょっとご紹介。








私の写真では、全然伝わらいと思いますが(苦笑)
真っ白な絵本にいろいろな童話が写し出されるもの、映像の中のたくさんのボールを自分の影で弾き飛ばすもの、
などなど、光や映像を体感できる展示がたくさんありました。

子供どころか大人も楽しめるものばかり。他のお客さん(大人)もワイワイ盛り上がってました。
うちの娘たちも楽しかったらしく、閉館時間ギリギリまでねばってました。
最後は貸切状態になり、特別に係の方が一緒に遊んでくれました(笑)

9月はじめまで開催しているそうなので、夏休み中にまた来てもいいかも。
今度は熱海の花火大会とセットで来ようかな。

少数精鋭 - 2014.08.09 Sat

台風が接近しつつある週末、世間ではお盆休みも始まる中、薪狩りに出かけました。
情報をもらったのは前日の事。週末は自宅の片づけなどしようと思っておりましたが、「クヌギ、ナラの山」との話では行かないわけにはいきません。
突然のことだったので情報元の“棟梁”Yさんと私2人だけの作業となりました。

予報では昼から天気が崩れる模様。また、暑くなってもしんどいので、午前中で終わらせる予定ではじめました。
前回の薪狩りからおよそ1か月ぶり。そういえば前回も雨が心配の中の薪狩りでした。

現場に着くと、なんとも魅力的な原木の山。太くて素性の良い原木がたくさん積まれています。
とりあえず1時間ほど玉切り。
玉のまま持ち帰ってもよいのですが、きっと薪割りせずに放置しちゃいそうなので、Yさんと一緒に割りはじめました。


曇り模様で作業しやすい気候でしたが、そうはいっても真夏。
ちょこちょこ休憩をとりながら割り続けます。
自分1人ではきっとくじけていたでしょうが、Yさんのおかげでがんばれました(笑)
はかどるし、楽しいし、やっぱり作業は仲間と一緒に限りますね。

そうこうしているうちに来客?が。
“レジェンド”Nさんが陣中見舞に来てくれました。


とたんにウチの三姉妹に囲まれるNさん。大人気(笑)
ずっと子供たちだけで遊んでいたので、いいカモになってしましました。Nさんありがとう。


結局、実質3時間ほどの作業で、いつもと同じくらいの収穫。
素性の良い原木ばかりで、玉切りも薪割りも効率よくはかどりました。
今日の獲物は、夏に伐採されたものだし、来々シーズン用ですかね。
よい薪になりそうです。感謝。

この後帰宅し、勢いで棚に収めきれていなかった薪を片づけ、やっと(今ごろ)薪小屋が一杯になりました。
今日片づけた薪、来シーズン終盤には焚くことができるでしょうか。薪足りるかな…ちょっと心配です。


Yさん、Nさん、ありがとうございました。お疲れさまでした。
また、今回参加できなかったみなさん、次回はぜひご一緒に。
まだまだお宝がたくさん残ってますよ!!

まつり三昧 - 2014.08.05 Tue

8月最初の3日間、私の住む地域ではお盆を迎えます。
この時期のお盆は珍しいのではないでしょうか。

お盆に合わせ連日各地で開催されるお祭りを巡ってきました。

まず1日


初めて「修禅寺盆おどり大会」に出掛けました。


歴史ある境内に、木造の楼が組まれ、何とも趣がありました。
男女とも浴衣姿が多く、選曲も昔ながらのものばかり。
“大人が楽しむ盆おどり”といった雰囲気で、とてもいい感じでした。


配られた団扇も、お坊さんの手でひとつずつ書と印が入れられたものでした。
わが家の団扇コレクションに加えましょう。

そして、3姉妹のリクエストにより、盆おどりを途中で切り上げて「きにゃんね大仁夏まつり」の花火見物に。


人混みをかき分け、何とか終盤のクライマックスに間に合いました。
間近で見上げる花火は今年も圧巻です。

2日は「修善寺駅前まつり」
花火は、打ち上げ場所付近の堤防で見物しましたが、思いの外混雑していなくて快適でした。
帰り道、仲間と呑んでいるじいちゃんに呼び止められ、スイカや鮎の塩焼きをご馳走に。
子供たちはお小遣いを貰って大喜びでした~。

そして3日は、わが地域の盆おどり。
帰省中の姉家族と共に出かけてきました。


しゃぎり保存会が中心になって運営するいまの形態になって25周年だそうです。実行委員の方々のおかげで、年々その輪が広がっています。
わが家も家族みんなで参加して、盛り上げた…つもりです(笑)

最後は恒例の打ち上げ花火で締めくくり。
この規模の催での打ち上げ花火は、かなりがんばっているのでは。


子供たちは、連日のイベントを満喫した模様。
お父さんも3日間ずっと仕事(しかもイベント対応で早朝出勤)の中がんばりました(涙)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (160)
わが家 (67)
田舎ぐらし (61)
薪ストーブ (25)
薪づくり (44)
アウトドア (40)
ダッチオーブン (26)
道具など (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR