topimage

2014-11

ヨルモミジ - 2014.11.29 Sat

地元・修善寺「虹の郷」へ、紅葉狩りにでかけました。
例年この紅葉の時期に、日本庭園が夜間ライトアップされます。

私の拙い写真でも、その美しさの幾分かは伝わるのではないでしょうか。



















この日、カミさんは馴染みの団子屋さんのお手伝い。夕方の仕事終わりに合わせ、娘たちと遊びに行ったのでした。


娘たちは“花より団子”
到着後、まずは腹ごしらえ。文字どおり団子を頬張りご満悦です。
団子の他にも豚汁、味噌田楽、蕎麦も平らげてました…相変わらずよく食べます。

その後、団子屋の娘さんたちが合流。
しばらくきゃーきゃー騒いでました(笑)

箱根登山電車 - 2014.11.25 Tue

昨日は仕事で箱根へ。
いつもは車で行くのですが、諸事情により電車で向かうことになりました。

三島、小田原を経由し、箱根湯本から箱根登山電車に乗ります。
登山電車に乗るのは20数年振りです。

今までは何の思い入れもなかったんですけど…歳をとったせいでしょうか、今回久し振りに乗ってみて、その魅力を再発見しました。


たまたま乗ったこの車両、もう60年以上活躍しているそうです。
このレトロな佇まい。
つり革や車窓、各所の手書き表示、運転席のレバーの類など、至るところが古めかしい。


この小型の車両で、ちょうど紅葉真っ盛りの山間をゆっくり、ゴトゴトと登っていく様は、何ともいえない雰囲気を醸し出し、旅情を掻き立てます。
仕事に向かっているのに、まるで旅行しているみたいな気分になってきました。

乗客も疎らな早朝の車内、恐らく私以外は日常的に利用している、住民か通勤者といったところ。
眠っているか、本などに視線を落としている人が殆どの中、落ち着きなく窓外の景色をキョロキョロと眺めているのは私だけです(笑)

途中の駅も、山の中にポツリと佇んでいるかのよう。なんだかとってもワクワクしてきます。
スイッチバックの際、運転手と車掌がテクテクと持ち場を交代する様子さえも楽しく映ります。


そうこうしている間に、電車は終点・強羅に。
約40分間の登山電車の旅は、あっという間に終わってしまいました…。
まるで子供のようにワクワクしっぱなし。いや、子供の頃にもこんな気持ちにはならなかったかも。
いやー楽しかった(笑)

この日乗った車両が、他の新型のものだったら、こんな気分にはならなかったかもしれません。
また、もし毎日乗るようになったら日常の一部になっていまい、ごく当たり前な空間・時間になるのでしょうね。

箱根には、ほぼ毎月のように仕事で訪れていますが、年に一回、この紅葉シーズンくらいは電車で来るのもいいかなーなんて思ってしまいました。
あ、あと紫陽花の時期もいいかも。

ぶら下げます。 - 2014.11.23 Sun

うーん、相変わらず生活感が溢れています…。


実際に生活していれば、カタログ写真みたいにおしゃれにスッキリとはいかないですよねぇ。えっ、ウチだけ!?


ところで、わが家のストーブ周りに小さな変化が。


柱と柱の間にバーを渡しました。
ハーブなどをぶら下げ、乾燥させるためです。
ホントは鉄の棒を設えたいところですが、それなりに値がはるので…お手軽に、ホームセンターで仕入れたステンレス製のバーと止め具で。

雰囲気を出すために黒くペイントしてみたものの、肝心な強度が低く、重いものには耐えられそうにありません。
とりあえずシェラカップをぶら下げておきました(笑)

もっと重いものにも耐えられ、たくさんの干し物ができるよう、天井部分に柵の設置を検討中です。

ちなみに、ウォーミングシェルフ上のざるでは、ミカンの皮を乾燥。
入浴剤代わりに風呂に入れたり、焚き付けにしたりしています。

干し物といえば、そろそろ干し柿に取りかからなきゃなー。

焚き加減 - 2014.11.20 Thu

薪ストーブを焚きはじめて、この冬で6シーズン目を迎えました。


この春積んだ虹の郷のクヌギ

当初はシーズン通して焚くことで精一杯。
薪が足りないとか、温度が上がらないとか、初心者ならよくある経験を重ねながら、過ごしてきました。

昨シーズンあたりからでしょうか。ようやく、薪づくりも質・量ともに順調に。
そして、いろいろ考え、試行錯誤しながら焚くことができるようになってきました。

幸い、薪も選べる程度にストックできてきたので、時期に応じて焚く樹種を考えてみたり。

また最近は、子供たちもストーブに火を入れるようになってきたので、誰でも効率良く焚くことができるよう、室内に備えておく焚き付けや薪を工夫してみたり。

まぁ、そう大したことはしてないんですけど(笑)

先輩ユーザーやストーブ屋さんなどからいろいろ教えてもらっても、その意味がわかっていないとイレギュラーに対応することができないですよね。
経験を通して理屈がわかってきて、“なるほどなー”って感じになってきました。
とはいっても、まだまだわからない事ばかりですけど。

最近は焚くことはもとより、薪づくりがおもしろくなってきました。
焚きやすい薪づくり…割りやすい玉切り…端切れや枝も自然の恵、無駄にしないように活用して…ずっと楽しんでいきたいものです。

やっと一息 - 2014.11.18 Tue

だいぶご無沙汰してしまいました…。


このところ、公私共に多忙を極め、にっちもさっちもいかなくなってまして。
ようやく落ち着き、ちょっと余裕が出てきました。


今月のはじめには地元神社の例大祭がありました。
三女も子供神輿の練り歩きについて歩きましたが、グズることもなく最後までがんばりました。


また、その後、初めて三姉妹揃って自転車で遠出。
三女は先月くらいに、自転車に補助輪なしで乗られるようになったのでした。

他にもこの1か月くらいの間に、子供たちの成長を感じる出来事がいくつもありました。(オヤジが普段満足に接していないだけかも…)

薪ストーブシーズンにも入ったことだし、日々の暮らしを楽しんでいきたいですね。やりたいことは山積みです。
そうこうしているうちに、すぐ年末かなぁ…。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (155)
わが家 (65)
田舎ぐらし (59)
薪ストーブ (25)
薪づくり (43)
アウトドア (33)
ダッチオーブン (26)
道具など (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR