topimage

2014-12

煮豚づくり 2014 - 2014.12.31 Wed

毎年恒例となった煮豚づくり。
例年どおり12月30日の夜、スタートです。


今回も基本的に昨年同様の仕込み。
肉は豚バラ(一昨年から)、数は12個(@500g)、煮汁は基レシピの4倍、
鍋は12インチディープ+コンボクッカー。
唯一の変更点は、砂糖を半分(大さじ8→4)にしたこと。代わりにハチミツ(大さじ2)を加えたこと。


このふたつの鉄鍋では、この数が限界。
わが家には、あとサービングポットがありますが、年末は他の御節料理の仕込みと重なるので、鍋もコンロもこれ以上数が増えるのは厳しい。


また、12インチディープはキャンプオーブンのため脚があり、ストーブトップで煮込むことができません。
ストーブで煮込むことができると、ガスの節約にもなっていいのですがね。
今回の仕込みまでに、新しいダッチオーブンが増えていることを想定。一年間イメージトレーニングだけは重ねてきましたが、それは妄想に終わりました(笑)


写真右列の3個と、それ以外のものと若干大きさが異なっています。
大きいものはストーブトップで煮込んだもの。こちらの方が火加減が弱かった模様です。
それはともかく、今回も美味しく仕上がりました。
差し上げた方々にも好評で、嬉しいかぎりです。

アレンジレシピとしては、こちらも恒例となった大晦日昼食のラーメン(煮汁スープ、煮汁煮卵、そしてもちろん煮豚をトッピング)
カミさんは、煮豚ができあがると即、煮汁で煮卵を仕込んでくれていました。

そして、今回新たにレパートリーに加わったのが「煮豚丼」…って威張っていうほどのものじゃないですけど(笑)
スライスした煮豚を軽く焼き、煮汁を煮詰めてタレにしました。
思いつきで適当につくってみたところ大好評!!こちらも定番になりそう。
年末年始に限らず、普段の来客時にも喜ばれそうです。よしよし。

今回は煮豚をフライパンで焼き、そこに煮汁を加えて煮詰めました。
次回は煮汁は別に煮詰めておき、煮豚はストーブトップを開けて直火で炙ってみようっと。

鮭バトル - 2014.12.30 Tue

年末、北海道の親戚から救援物資が毎年恒例のように届きます。
海産物の本場だけあって、いつも上質のものをいただきます。
とてもありがたいのですが、モノがモノだけにいつも一苦労なのです。
何が大変かというと、魚などはこちらでさばかなければならないこと。そして、総じて大量であること。

今回いただいたのは、たくさんの殻つきホタテ、いかの一夜干し、そして生鮭


カミさんは父親が漁師だったこともあり、魚をさばくのはお手のもの。
しかし、鮭ほど大型になるとなかなか大変です。
私も一度教えてもらって挑戦しましたが…。
今回も子供たちが眠ったあと、バトル開始です。


カミさん曰く、今までにないほどの上物。
さらに、やっぱり今回もおなかは卵でパンパン。


カミさんが三枚におろす間、私は卵をほぐします。
身は小分けしてひとまず冷凍。ほぐした卵はしょうゆと酒で漬けてイクラに。


頭や骨は塩焼きにしてフレークに…するつもりでしたが、あまりの旨さに一杯はじめてしまいました(笑)
イクラはホタテと共に、翌日の大晦日、手巻き寿司のネタとしていただきました。こちらもプリプリの絶品。

例年、大晦日は実家で過ごすのですが、双方家族の体調不良もあり今回は見送り。
代わって、急遽わが家に友人夫妻が遊びに来て一緒の夕食となりました。
海の幸と、親戚と、友人のおかげで、楽しく贅沢な年越しとなりました~。

…のはずでしたが、この夜から三女が胃腸炎?嘔吐下痢症?を発症。
夜、突然夫婦で介抱にあたることになってしまい、友人夫妻には悪いことをしました。

最後までバタバタとした一年でしたが、来年はより良い年にしたいものです。

ラムのハーブロースト - 2014.12.30 Tue

ラムラックをいただきました。


元々は、友人であるスイス人シェフ夫妻(奥さんは日本人)が、わが家と一緒に食事をしようと調達してくれていたもの。
それが、こちらの都合で予定していた日に会えなくなってしまったのです。

「もう解凍してしまったので、あげるから食べなさい」ということで…。

ラム肉、食べたことはありますが調理したことはありません。
しいて言えばジンギスカンですが、焼くだけなので調理とは言えませんね。

…そんな訳で、ダッチオーブンでハーブ焼きにしてみました。


あらかじめ、オリーブオイルとハーブソルト、そして自家製のフレッシュハーブで漬け込んでおきます。
ハーブはわが家にあるものを有り合わせで。イタリアンパセリ、タイム、セージ、ローズマリー…だったかな?


そして、ハーブを一旦取り除き、コンボクッカーでラムの表面を焼きます。
一晩くらい寝かすのが良いようですが、今回は朝に仕込んだものを当日の夜に調理しました。


その後、改めてハーブを入れて蓋をし、弱火で蒸し焼きに。
ここからはストーブトップに移動です。


参考にしたレシピでは、焼き時間10~15分でレアに仕上がるとありました。
大人はいいのですが、子供も食べることを考慮して、焼き具合を確認しつつ、ちょっと長めにしました。


結果、仕上がりはこんな感じに。
手前味噌ですが、それはそれは美味しくできちゃいました。
やわらかくて…クセもなくて…そう、そもそも肉が上等だったのですよ。プロのシェフの見立てですからね。
でも、焼き加減も味付けも絶妙…これはたまたまですね(笑)

まぁ、正直簡単なので、失敗のしようもないでしょう。オススメですよ~。

自然に親しむ会 - 2014.12.29 Mon

「自然に親しむ会」というグループがあります。
私の地元有志中心によるグループで、文字どおり自然に親しむ様々な活動をしています。
私が知っている限りでも、ホタルの放流、炭焼き、ハイキングの企画・運営などなど。
中でも炭焼きは、メンバー自ら原木を伐採し、炭焼窯で火入れし、販売までされていて、固定客もついているとか。
他にも、自分たちで捕まえた小魚などを使って、盆踊り大会で金魚すくいならぬ“雑魚すくい”を出店したり。

オジサンたちの趣味の集まり(失礼)と思っていましたが、中々本格的みたいです。

数年前に一度だけ、以前メンバーだった親父に連れられて、炭焼きの手伝いに行ったことがありました。
当時の私は薪割りもチェンソーもできなかったので、大して役にたたなかった記憶があります。

先日、会のメンバーでもある親戚のおばちゃんと話す機会があり、年明けの伐採作業に誘われました。
せっかく復活させた昔ながらの技術・文化を、若い世代に伝えていきたいと思っているそうです。
単純に若手がいると楽だというのもあるでしょうが(笑)
炭に向かない、木の太すぎる部分は放置してくることも多いというので、それを目当てに行ってみるのもありかな。

いずれにしても、会の活動自体に魅かれるものがあるので、一度顔を出してみようかと考え中です。
会のメンバーの半数ほどは他市町の方で、県外の方もいるとのこと。
どなたか一緒に行ってみますか?

サンタ来る。 - 2014.12.26 Fri

お宅にはサンタさん来ましたか?
それともサンタさんしましたか?

わが家の娘たちの元にもサンタさんが来てくれたようです。
仕事から帰った私に、興奮気味に報告してくれました。サンタさん良い仕事してくれたようですね。ありがとう。

私のところにもサンタさんが。
プレゼントは…


薪(笑)


そして、薪(笑)

サンタさん、ありがとう。

餅つき大会 - 2014.12.20 Sat

近所にある娘の同級生のSさん宅では、毎年この時期、友達を大勢集めて餅つき大会を行うのが恒例となっています。
仕事のカミさんに替わり、今年初めて参加しました。

到着すると、あいにくの雨にも関わらず、子供たちが大騒ぎする声が外まで聞こえてきます。
既に室内はカオス状態なことが、容易に想像できます…。


「こっちこっち」と呼ばれたのは、かまど前のセーフティエリア(笑)
室内に入ると子供たちの“餌食”となるので、お父さんチームは火の番を口実に身を潜めます。

程なくして準備が整い、餅つき開始です。
臼と杵による餅つきに馴れているのは、ホストであるSさん家族のみ。
例年、基本的にSさんパパ一人でついていて大変そうなので、お手伝いしてくるようにカミさんから言われていたのでした(笑)

計5臼のうち、S家の正月用となる1臼を除いた4臼をSさんパパと私で半分ずつつきました。


毎臼ほぼつきあがった後、子供たちやその他パパママたちの出番。
ママさんはつき手の他に手返しにも挑戦しました。


わが家の娘たち、思いのほか上手でビックリしました。
“親が餅つきする様子を見ていて、イメージができているからでは!?”と言われましたが、あながち外れていないかもしれませんね。


餅がつきあがると、女性チームの出番。
この日は白い餅とよもぎ餅をつき、それぞれをきな粉、大根おろし、納豆、あんこ、磯辺などでいただきました。


つきたてのお餅に子供たちも大喜びです。ホントに旨かったぁ。

何より、準備や片付けの心配のない“参加する”餅つきが純粋に楽しかったですね。自分のトコの餅つきではあり得ないですから。

さて、次は実家の餅つきです。
今年も残りわずかになりつつあることを実感しますね。

ウチらしい車 - 2014.12.07 Sun

独身の間は4WDのマニュアル車に乗ってました。当時は4WDが流行っていましたね。

しかし結婚後に車を替え、はや10年経とうとしています。
その間、さらに家族が増え、だんだん手狭になってきました。
しかし、自宅を新築したり、実家の親父の車(ミニバン、トラック)がいつでも借りられたことなどから、ずっと乗り続けてきました。エコでしょ?

ディーラーの営業さんも、今までいろいろ提案してくれてきましたが、いっこうに首を縦に振らないわが家に対し、今回は考えてきました。

「おたくにピッタリの車ですよ」と言って案内してきたのが、コレ

“そうきたかぁ~(笑)”と苦笑いしつつ、せっかく勧めてもらったので実車を見に行ってきました。

正直結構気に入りました(笑)
まず、乗りやすい。
インパネ他内装が、いたってシンプル。
もちろん荷物が遠慮なくたくさん積める。
そして、誰も乗っていない‼︎(笑)

さて、どうしましょうかねー。

妻籠宿 - 2014.12.02 Tue

先日、中山道の宿場町・妻籠宿の様子を紹介するテレビ番組を見ました。
今まで名前こそ聞いたことがあるものの、詳しいことは知りませんでしたが…いっぺんにその魅力の虜になりました。

この古くからの街並みが保存されているだけでなく、実際に旅館や飲食店、商店として使われているとのこと。
また、商店や飲食店などは、基本的に江戸時代当時からあるものだけを扱うようにしているそうです。
コーヒーを販売するかどうかについても、10数年議論して決めたらしいです…。

地域で協力して、拘って、徹底して取り組んでいるところが素晴らしい。
訪れてみたいところが、またひとつ増えました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (160)
わが家 (67)
田舎ぐらし (61)
薪ストーブ (25)
薪づくり (44)
アウトドア (40)
ダッチオーブン (26)
道具など (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR