topimage

2015-05

くすぶってばかりいられないので - 2015.05.31 Sun

前回、手をケガしている旨を記しましたが、無事に手術が終わりました。
医者からは、抜糸までおよそ2~3週間、その後リハビリ…というように聞かされています。
左手は、親指が固定され使い物になりません。

手術当日と、その翌日(退院した日)こそ、患部が痛みましたが、
その後は手を動かさない限り痛みを感じることもありません。
そうなると、じっとしてもいられず、少しずつ動き出しました。

まず、畑の除草。
でも、いかんせん片手しか使えません。その上、かがむとすぐに腰が痛くなるので、
アルミ製?の軽い三角ホーを右手一本で振り、なんとなく雑草をとってみました。
しかし、さすがに長時間作業できませんし、片手では思うように道具を扱えませんね。

IMG_20150601_211851[1]
そして、にんにくを収穫。私のケガ騒ぎなどで時期を逃していました。
大した量ではありませんが、わが家にすれば上出来です(笑)


その後、別の薪小屋に蜂の巣らしきものを発見。
蜂の気配がなかったので、既に使い捨てられたものか?などと思いつつ、さくっと撤去しました。

IMG_20150601_211923[1]
あとでよくよく調べてみると、スズメバチの巣の初期みたいですね、コレ。
この時期は女王蜂1匹しかいないようですが、これから夏に向けてどんどん働き蜂が増え、
それとともに巣もだんだん大きく、丸くなり、あのマーブル模様になるのだとか。
自宅のすぐ横にスズメバチの巣ができていたと思うとゾッとしますが、未然に防ぐことができました。

以前には、アシナガバチの巣ができかけていて、直径5cmほどの時点で撤去したこともありました。
とかく薪小屋は蜂に狙われるので、今後も気を付けなくては。

薪割り他、やりたい作業は止まってしまった上、田畑や庭の雑草は日に日に勢いを増していきます。
気持ちは焦りますが、だからといって手が動くようになる訳でもないので、開き直ってボチボチいきたいと思います。

停滞 - 2015.05.22 Fri

先日、ちょっとしたアクシデントがあり、手を負傷してしまいました。

親指の靭帯が切れてしまったため、力仕事どころか、物を掴むことすらできません。
傷めたのが利き腕ではなかったことが不幸中の幸いでしょうか。
現在、手術の順番待ち中です…。

おかげで、薪割りも、薪小屋の移設も、畑仕事も止まってしまいました…。

週末には田植えも控えているのに、これではまともに作業できません。
今後の除草で挽回しなければ…。

三姉妹 on stage - 2015.05.17 Sun

今日は、毎年楽しみにしている薪の会BBQ!!…でしたが、わが家は不参加。


娘たちが、とある縁から津軽三味線と民謡を習いはじめたのが、およそ2か月前。
当初は単なる三味線教室かと思ってましたが、ちょっと違いました。

稽古の一環で坂道を何kmも走って体力づくりしたり、
週末や連休は泊まり込みで稽古。
チャリティで、度々各地のイベントに出演したり、慰問に訪れたり。
結果、個人や団体で日本一を獲得してるんだそうです。

そんな“民芸集団”主催のコンサートが、まさに今日、地元伊豆の国市で開催されたのでした。

当初、ウチの娘たちが出演できるなんて思ってもいませんでしたが、
スパルタ指導?と、親も驚く飲み込みの早さでメキメキと上達。
さすがに、ずっと前から稽古している先輩たちと同レベルとまではいきませんが、一緒にステージに上がれるまでになりました。


前列に並ぶのは、幼稚園児と小学生。
大人やゲストのプロ演奏家に負けない熱演。
生で聴くそれは、かなりの迫力。感動モノでした。

中でも同集団のホープは高校2年生。唄、三味線、尺八、踊りとなんでもこなし、人柄も好感の持てる好青年です。
マダムのファンが多そう(笑)


津軽三味線は痛みや悲しみを唄う、まさに日本のブルース。
さすがに私は今から習おうとは思いませんが、久々に「望郷じょんから」でも唄ってみようかしら。

GWキャンプ 2015(その2・ごはん編) - 2015.05.07 Thu

今回のキャンプ、現地で調理したのは初日の夕食と翌日の朝食の2食だけ。
1泊だけしかしないので、なるべくシンプルにしました。

夕食のメニューは“きりたんぽ”

IMG_20150507_203734[1]
飯盒で炊いたごはんを、モチモチとつぶし…(ジップロックの様な袋に入れてます)

IMG_20150507_203950[1]
現地で拾い集めた杉の小枝にペタペタとくっつけます。
あらかじめ皮は剥いておきましたが、鉈を忘れてしまったので、刃渡3~4cmのビクトリノックスで削るはめに…斬れ味が良いとはいえ、手間がかかりました(苦笑)

IMG_20150507_204044[1]
そして、焚火で焼きます。
傍らでは、鉄鍋でスープを仕込中。
手羽元でとったダシをベースに、根菜がタップリ入ってます。

IMG_20150507_204448[1]
ちょっと時間がかかりましたが、こんがり焼けました。

IMG_20150507_204503[1]
ちぎったきりたんぽにスープをかけて、できあがり。
写真うつりはイマイチですが、味は絶品‼︎
手羽元はホロホロに煮え、“セリ”(これまた現地調達)がアクセントに効いてます。
5月とはいえ、山の夜はかなり冷えます。ハフハフしながら食べるそれで、身も心も温まりました。
ただ、それでもビールは欠かせませんね(笑)

IMG_20150507_204649[1]
食後には焚火で暖をとりつつ…

IMG_20150507_204618[1]
お約束の焼きマシュマロ。

子供たちを寝かせた後に改めて晩酌を…と思っていましたが、一緒に眠りコケてしまいました(笑)


翌朝のメニューは“ホットサンド”

IMG_20150507_204821[1]
具はトマトソース、ハム、チーズ。
トマトソースはカミさん手製(自家製ハーブ入り)です。あらかじめ自宅で仕込んできました。

IMG_20150507_205028[1]
パンの端をスプーンで潰してくっつけて…

IMG_20150507_205128[1]
スキレットで焼いていきます。

IMG_20150507_205650[1]
外はパリッ、中はトロッと、美味しく焼き上がりました。

IMG_20150507_205427[1]
そして、スープ。前日の手羽元ダシを取り分けておきました。
あっさりしつつ、奥深い味わい。おいしゅうございました。


わが家のキャンプのモットーは、“家より美味しいごはんを食べる!”
そして、“ただのバーベキューとカレーはつくらない”という勝手なこだわり(笑)
それには、焚火とダッチオーブンが欠かせませんね。
今回、ガソリンストーブ(ツーバーナー)も持参しましたが、結局すべて焚火で済ませてしまいました。
ホントはすべてダッチオーブンで調理したいところですが、それができるほど手持ちのアイテムがないので…。

このキャンプ、時間のない中なんとか日程を組み、正味20時間にも満たない滞在でしたが、親子共々楽しめました。
夜にはきれいな満月を眺めて散歩したり、帰りにはこれまた定番の温泉に寄ったり。
そして、なんといってもごはんが旨かったし(笑)

次回はまだ行ったことのないキャンプ場を開拓したいものです。
または、結婚前みたいに、キャンプ場でもなんでもない、ただの山の中でのキャンプなんかもいいかも~。

GWキャンプ 2015(その1・テント編) - 2015.05.07 Thu

今年のゴールデンウィーク、
カミさんが仕事を変わったこともあり、全員の休みが合うのは5月6日だけでした。

そこで、5日からキャンプに出かけました。場所はカミさんの職場⁉︎
そう、キャンプ場で働きはじめたのです(笑)

当日、カミさんは朝から子供たちを連れて出勤。私は薪狩り(笑)
薪狩りは午前中で早退し、キャンプ道具を積込み済みの車に乗り換えて出発です。
あらかじめ準備してあったとはいえ、薪を下ろしたり、買物したりで、合流は夕方になってしまいました。

今回のキャンプ、GW・子供の日のレジャーはもちろんですが、別の目的は新しいテントを張り初め(っていうのかな?)
以前、知人からcolemanのPalace Domeというテント(しかもほぼ未使用)をいただいたのです。

2008060203.jpg

「Palace」というだけあって…巨大(笑)
通常のドーム型の四方に“でっぱり”が付いている、とでもいいますか。
そして、思わず笑ったのが入口の“ドア”。
テントにドア?と思うでしょうが、まさに“ドア”というに相応しい造り。

IMG_20150507_203436[1]
とにかく広く、そして高い。
家族5人で寝ても全然余裕。大人が立っても天井につきません。

IMG_20150507_203628[1]
各所にメッシュも付いているので、夏場でも過ごしやすいのではないかと思われます。
もう、暮らせるほど快適。

IMG_20150507_203256[1]
IMG_20150507_203537[1]
ただ、とにかくデカい(笑) そして、やたら重い(笑)
張り方自体は簡単ですが、ポールの種類も、数も多いです。
区画の定まったサイトでは、まず収まらないのではないかと。(今回は無理やりはみ出して張りましたが…。)

次に出番が来るのは、フリーサイトに連泊するようなときでしょうか。
1泊だけのキャンプでこのテントを張るのは、割が合わない感じがします(笑)
ただ、とても快適なので、次回のキャンプはこのテントが似合う広々とした場所でやりたいですね。

またまた城ケ崎 - 2015.05.05 Tue

GWも終盤の5月5日、薪狩りに出かけました。
場所は3度目となる城ヶ崎海岸。

普段でも車が混み合う場所に、連休の真っ只中に出かけるなんて… そんなリスクを知ってかどうか、いつもの仲間が集まりました。総勢7名+チビッコ。

今日の現場は道から数m上の場所。
そこそこの長さに切ってくれてある木を薪サイズにカットし、下段にポイポイ投げ落としていきます。
腕くらいの太さの枝が多く、手間がかかりました。

現地の方によると、まだ今後も伐採がある予定とのこと。
ありがたいんですけど、ちょっと遠いんすよね。
わが家からは比較的近い方なので、他の方にくらべればまだマシですが。

この日は午後から予定があったため、昼までで早退させてもらいました。

IMG_20150507_203134[1]
それでも他の方より車が大きいので、たくさんいただいてしまったのでは。
ありがたいような、申し訳ないような気持ちです。
後の予定と渋滞の心配がなければ、お仲間のところに届けに行くんですけど…。


渋滞もなく1時間ほどで無事に帰宅。

IMG_20150507_203057[1]
パレット1枚分のスペースしかなく、薪を積みながら下ろしたため、1時間ほどかかってしまいました。

この後の予定とは、実は家族でキャンプをするのです。
カミさんと子供たちは既に現地で待ってます(汗)
それなのに薪狩りに行くのもどうかと思われますが、貰えるときに確保しておかないとね。

さて、行ってきまーす!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (161)
わが家 (68)
田舎ぐらし (64)
薪ストーブ (27)
薪づくり (44)
アウトドア (41)
ダッチオーブン (26)
道具など (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR