topimage

2016-07

水も滴る - 2016.07.30 Sat

梅雨も明け、いよいよ夏本番ですね。

子供たちは夏休みに入って一週間が過ぎました。
学校や市営プールで泳いだり、図書館で涼んだり(笑)して過ごしています。

この日はあまりの暑さに、涼を求めて山の上…地元のテーマパーク「虹の郷」へ。
週末にしては比較的人出が少ないようでした。

めざす先は、水遊び広場


子供たちが全身びしょ濡れになってあそんでいます。
ウチの三姉妹も嬉々として飛び出して行きました。
あ、もちろん着替え持参です。


一緒になって水浴びしたいところでしたが、大人は周りで見物。
それにしても気持ち良さそうです。

夏はまだまだこれから。バテないように乗りきらないと。
あと二週間ほどでお盆休みを迎えますが、わが家は例によってキャンプに出かける予定です。
出発までの計画段階(特に食事のメニュー。笑)が、一番楽しいかもしれません。

朝顔 2016 - 2016.07.27 Wed

はや何年めでしょうか。


わが家の朝顔が、今年も元気に育っています。

一度この場所で育てたら、種がこぼれて毎年勝手に芽吹いてきます。

ある程度育ったらネットを据え付けて。


グングン伸びて、てっぺんまで届き、折り返しはじめています。

元気が良いのは結構なんだけど、高いところでばかり咲いて…もっと近くに咲いてくれると嬉しいんですがね。
そのうち、もっとたくさん咲いてくれるでしょう。

こんなものもいるのね。 - 2016.07.18 Mon

わが家の(正確には実家の)田んぼに、こんなものがいました。


カメです。スッポンかな?スッポンもカメの一種ですよね。
結構デカいです。甲羅が縦20cmくらいあったかと。
子供の頃から田んぼに慣れ親しんできましたが、カメを目撃したのは初めてです。
スッポンを別名「泥亀」というのを思い出し、妙に納得(結局スッポンだったのかどうか分かりませんが。)

その後、家に向かう途中で三姉妹が何やら騒いでましたが、またいつものことと気にせず先に帰りました。

するとしばらくして「捕まえたよー見て見てー」と、賑やかな声が。
しつこいので、またオタマジャクシか何かだろうと思いながら、外に出てみると…




ドジョウ(泥鰌)でした(笑)
水がなくなりかけた用水路に取り残されていたらしいのですが…よく捕まえたものです。

そして三姉妹、案の定「飼う」と。


同じく近所で捕まえたザリガニやオタマジャクシを放してある甕で同居することに。

ザリガニとオタマジャクシは共存してましたが、さてドジョウは如何に?

そんな訳で、“泥”繋がりの生き物に遭遇した1日でした。
身近にまだまだいろんなものがいるものです。

そういえば、初めてドジョウを食べたのは、1年前のちょうど今頃でした。

先客? - 2016.07.09 Sat

先日、薪割りしていたんですけど。

その内の1本、半分に割ったら、

14675578340.jpeg
何か、いました。


14675578480.jpeg
カミキリムシ、ですよね。われら薪焚き人の敵(笑)

幼虫は頻繁に出てきますが、成虫に遭遇するのは初めてかも?
放っておくと、薪をカリカリやられてしまうのでしょうが、何となく憎めなくてそっとしておきました。

薪割りしていると何処から見ているのか、いつも鳥が寄ってきます。
おそらく虫を狙っているんでしょうけど、薪割りすると虫が出てくるって、よく知っているものです。
カミキリムシ、私は見逃してあげましたが、鳥のおなかに収まっちゃったかもしれませんね。

シーズン中、薪を家に入れると虫もついてくること多いですよね。
わが家の薪棚にも、よく「G」が潜んでいるので、チェックが欠かせません。
なんとかならんかなー。

こんにゃく - 2016.07.05 Tue

三女の誕生会をした日のこと。

そろそろ茗荷(みょうが)が出ていないかな…と、山に様子を見に行きました。
自宅裏の枇杷の木陰で育てていますが、ここではかろうじて2~3本を発見。
そこで山を覗いてみることにしたのです。

そこは、例の倒木をいまだに放置しているところ
昨年たまたま様子を見に行ったとき、茗荷が群生しているのを見つけたのです。
以前、畑だった時のものが残っていて増えたのでしょう。

あいにく茗荷はまだ出ていませんでしたが、代わりに面白いものを発見。


これ、こんにゃくです。
これも畑時代につくっていたもの。残っていたんですね。

こんにゃくは、通常3年ものの芋を使って作ると言いますね。
単純に、“3年くらい経ないと芋が大きく育たないから”だと思ってましたが、それだけじゃないみたいです。
なんでも、4~5年に一度花が咲くらしいのですが、そうすると芋に蓄えた栄養が花に吸い上げられてしまうのだとか。
ってことは、そのまま放置したら、芋がまた小さくなっちゃうんでしょうかね?

この場所でこんにゃくを栽培していたのは、もう10年以上も前のこと。
大きくなって~花が咲いて、しぼんで~また大きくなって~を繰り返していたのでしょうか。
すぐ左横に出ている小さいのと比べると、かなり大きいです。ちょうど3年もの位なのでしょうか。
だとすれば、今年こんにゃくにできるかも。

母親が生きていた頃は、自家製のこんにゃく芋で手作りしていました。
よく手伝わされたのが懐かしいです。
子供の頃から、こんにゃくといえば母の手作りだったので、いまだに市販のものには馴染めません。

ずっと、こんにゃく作りに挑戦したいと思っていたんですよね。
親戚のおばさんなど、身近に手作りこんにゃくを教えてもらえそうな人もいます。
山には、上の写真のものの他にも、小さいのがいくつか出てました。
それらを元に芋を育て、わが家の定番にできたらいいな。

田んぼ奮闘中 - 2016.07.03 Sun

今日も朝から田んぼの草取り。

14675578180.jpeg
ここ1か月ほどの間、出勤前の早朝に田んぼの草取りをしています。実家の兄とともに。
昨年はこの時期、手のケガのおかげで満足に作業できませんでした。
挽回すべくがんばってますよ。
例年、終盤に雑草にやられてしまうことが多いのですが、今年は今のところ順調。
このままキープしたいものです。

この日、早朝の部は中高生の甥姪が手伝ってくれました。
朝食後の午前の部には、小学生以下の子供たちが。

14675578030.jpeg
お父さんたちが作業する傍らで、子供たちは水遊びに興じています。服が濡れるのもお構いなしです。
こんな暑い日は、子供でなくても水浴びしたくなりますね。

わが家の場合、この時期は田んぼが最優先。
合間を縫って他のことをしないといけません。
それでも今年は畑もぼちぼち頑張れています。こちらはカミさんのおかげですが。

14675579050.jpeg
庭の雑草も待ったなし。
中にはこんな花も咲いたりしてますが、草原になる前に手を打たないと…。

誕生日には花札で。 - 2016.07.02 Sat

7歳の誕生日を迎える三女。
おじいちゃんを招待しての誕生会は、都合により前日に行うことになりました。

久しぶりにおじいちゃんが来るとあって、娘たちが楽しみにしていたのが…

14676336250.jpeg
なぜか、花札対決(笑)
覚えたての花札にハマっています。がんばって役を覚えたり。

ちょっと前はトランプ。その前は将棋とオセロでした。
花札ブームもいつまで続くのか分かりませんが、何にでも興味を持って取り組むのは良いことだ、としておきましょう。

14676336360.jpeg
ちゃんとお祝いもしましたよ。恒例のお姉ちゃんたちからの手づくりプレゼント&手紙も。

三女が7歳ということは、同い年のわが家も7歳。早いものです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (159)
わが家 (65)
田舎ぐらし (61)
薪ストーブ (25)
薪づくり (44)
アウトドア (34)
ダッチオーブン (26)
道具など (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR