topimage

2016-12

煮豚づくり 2016 - 2016.12.30 Fri

2016年最後の投稿も、やはりこのネタになりました。
年末恒例の煮豚づくり。

IMG_20161231_230449[1]
今回は14個。年々数が増えていきます…。
でもお届けする先々で、逆にいろいろ頂いてしまうので、恐縮するやら嬉しいやら。
完全に“海老で鯛”状態です。作戦どおり!?

IMG_20161231_230541[1]
焼きを入れているこの時点で、家中にニオイが充満してます。
今すぐカブっといきたいくらい(笑)

IMG_20161231_230623[1]
手前の小鉢に入っているのは、豚肉から出た脂。
もちろん料理に活用します。

IMG_20161231_230936[1]IMG_20161231_231324[1]
昨年の記事を見ると、12個を12インチディープのみでつくったようですが、さすがに今回は入りきりません。

煮汁も、12インチが規定分量の2倍、コンボクッカーが規定量どおりとしましたが、全体的に多めになってしまいました。
鍋ごとに仕込む数を調整すれば、もう少し煮汁が節約できるかな?調味料が馬鹿になりませんからね。来年の課題です。

IMG_20161231_231355[1]
何はともあれ、今年も(たぶん)美味しくできました。

みなさま、今年もお世話になりまして、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を~。

久々の、薪狩り - 2016.12.25 Sun

3連休の最終日。
久しぶりに、薪の会の薪狩りに参加しました。
久しぶりすぎて、いつ以来なのか覚えていません。

ホントは自宅の大掃除とか、やらなきゃいけないことはたくさんあるのですが、公私ともずっと忙しくしてきて、ようやく落ち着いたので、“ココロの大掃除”ってことで(トンコさん、いただきました。笑)

今回の現場は製材屋さん。
私は初めてお邪魔しましたが、他のメンバーにはお馴染みのようですね。

この日はクリスマス。
さしずめ製材屋さんからのクリスマスプレゼントといったところでしょうか。

IMG_20161227_073215[1]
先日自作した“まとめて玉切りしちゃう枠”を初めて使ってみました。
割としっかりしてました。なかなか使えそうです。

わが家でも、1年前に伐った柳の枝がまだそのままなので、これを使って片付けなければ…。
あと、キンドリングクラッカー的なものを自作しようかと思ってましたが、なかなか手が付けられないので、
いっそのこと買っちゃおうかなー。絶対便利ですよね。子どもでもできるし。

この日の収穫は、トラック1杯の薪と、たくさんの焚きつけ。感謝。
来シーズン分の薪はまだまだこれからなので、がんばって集めないと。
来年もよろしくお願いします。

かつての現場は今…。 - 2016.12.16 Fri

伊豆市筏場のわさび田。
以前、“台風による倒木の片付け”という名目の薪狩りに行きました。
もう4年も前になるんですね。2012年の10月12月の2回。

そのわさび田をドローンで空撮した動画が、観光協会によって公開されてました。

こんなにも広く、そして美しいところだったなんて…。
薪狩りのときは、その一部しか立ち入らず、しかも薪しか目に入ってませんでしたからね(笑)
多少なりとも、このわさび田に戻すお手伝いができたのだと思うと、嬉しくなりますね。



久々に、全員集合 - 2016.12.14 Wed

先月の話なんですが、私の姉家族がやってきました。


高校生の姪っ子はオーケストラ部に所属。フルートを担当しているとのこと。
今回、フルートを持ってきてくれて、娘たちにレクチャーしてくれてました。

他にも、甥っ子が薪割りしてくれたりして、助かっちゃいました。

そもそも、何しに来たのかというと、法事があったんですね。
私の祖父の五十回忌です。
祖父は、母が嫁いで来る前に他界したので、写真でしか見たことがありません。

今回は、ごく近い親族で法要を営まれました。
集まったのは、父、叔母2名(その旦那と娘)、私の姉兄家族。
ただ、子供たち(父からすると孫ですね)が多いので、4歳~77歳まで、総勢23名になりました。

最近は、それぞれ仕事の都合だったり、子供たちの学校などの都合だったりと、皆で集まることが難しくなりました。
全員揃ったのは、いつ以来でしょうか。

法要のあと、会食の席でのこと。


ウチの娘たちが民謡を披露したり。


姪っ子がフルートを演奏してくれたり。

兄のとこの姪っ子はピアノが得意なのですが、その腕前を披露できず悔しがってました(笑)

また、恒例の“孫たち生まれた順に整列”も。

何度会っても、全員の顔と名前が一致しない(笑)という叔父のために、アニキが
子供たち全員の名前、ふりがな、年齢、学年、誰の何番目の子か、をメモしてあげてました。
まあ、覚えきれないですよね、たまに会うたびに増えてるし(笑)

14817158720.jpeg
残念ながら、最近はお悔みの機会でしか集まりにくくなってきました。
でも、今回初めて、叔母夫婦の馴初めや、“祖父に結婚を反対されていた”話などを聞くことができたのも、法事という機会ならではでしょうか。
次に集まるのは、子供の結婚式にしたいものです。

その晩、姉家族とわが家で夕食。


2家族11名、それも食べ盛りの中高生がいたりすると…おでんも寸胴で仕込むはめに。
これだけ仕込むのも、それがキレイに片付くのも、そもそも寸胴が家にあるのも(笑)“どういうこと⁉︎”って感じですがね。

みんなでワイワイ過ごし、少し早く正月が来たみたいでした。

久々に、休日 - 2016.12.11 Sun

ご無沙汰してしまいました…。

このところ、公私ともにいろいろありまして。
かなり久しぶりに、何も予定のない休日。

いろいろとやりたいことが山積みなんですが、まず、こんなものをつくってみました。


細めの原木をまとめて切るための枠、です。
今までは木製パレットをアレンジしたものを使ってましたが、それが朽ちてしまったので、
ずっと新たにつくろうと思ってました。
パイプは測って配置しているので、これに積むだけで決まった長さに切れる…はず。


自宅で使うだけなら、今までどおりパレットや廃材でつくればよかったのですが、
薪狩り現場にも持ち運べるようにしたかったので、ホームセンターで売ってるシステムパイプ?で、
分解できるようにしてみました。
スタンド部分がプラスチック製のため、耐久性が心配ですが、使ってみてダメなら、また考えます。
金属製のスタンドが高かったので(笑)


それから、薪ストーブ横の棚板を付け替え、スペースを拡張。
棚が広がり、食器や鍋のフタなどが置けるようになったと好評です。
併せて棚板の下にパイプを取り付け、ぶら下げスペースに。
(ちょっと画像がわかりにくいですが)
ここは、娘たちの上履き干し場かなぁ(笑)

他にも、この反対にある薪棚のフック(スキレットなどをぶら下げているヤツ)を、増やしたり移動したり、
竹で火吹き棒をつくったり(以前のものは、間違って焚いてしまったみたい。笑)
少しですがやりたかったことができて、ちょっとスッキリしました。
ホントは薪の整理などもしたかったのですが、よしとしましょうか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (155)
わが家 (65)
田舎ぐらし (59)
薪ストーブ (25)
薪づくり (43)
アウトドア (33)
ダッチオーブン (26)
道具など (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR