topimage

2017-11

こんにゃく - 2016.07.05 Tue

三女の誕生会をした日のこと。

そろそろ茗荷(みょうが)が出ていないかな…と、山に様子を見に行きました。
自宅裏の枇杷の木陰で育てていますが、ここではかろうじて2~3本を発見。
そこで山を覗いてみることにしたのです。

そこは、例の倒木をいまだに放置しているところ
昨年たまたま様子を見に行ったとき、茗荷が群生しているのを見つけたのです。
以前、畑だった時のものが残っていて増えたのでしょう。

あいにく茗荷はまだ出ていませんでしたが、代わりに面白いものを発見。


これ、こんにゃくです。
これも畑時代につくっていたもの。残っていたんですね。

こんにゃくは、通常3年ものの芋を使って作ると言いますね。
単純に、“3年くらい経ないと芋が大きく育たないから”だと思ってましたが、それだけじゃないみたいです。
なんでも、4~5年に一度花が咲くらしいのですが、そうすると芋に蓄えた栄養が花に吸い上げられてしまうのだとか。
ってことは、そのまま放置したら、芋がまた小さくなっちゃうんでしょうかね?

この場所でこんにゃくを栽培していたのは、もう10年以上も前のこと。
大きくなって~花が咲いて、しぼんで~また大きくなって~を繰り返していたのでしょうか。
すぐ左横に出ている小さいのと比べると、かなり大きいです。ちょうど3年もの位なのでしょうか。
だとすれば、今年こんにゃくにできるかも。

母親が生きていた頃は、自家製のこんにゃく芋で手作りしていました。
よく手伝わされたのが懐かしいです。
子供の頃から、こんにゃくといえば母の手作りだったので、いまだに市販のものには馴染めません。

ずっと、こんにゃく作りに挑戦したいと思っていたんですよね。
親戚のおばさんなど、身近に手作りこんにゃくを教えてもらえそうな人もいます。
山には、上の写真のものの他にも、小さいのがいくつか出てました。
それらを元に芋を育て、わが家の定番にできたらいいな。
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kadoichi.blog.fc2.com/tb.php/402-c929727b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先客? «  | BLOG TOP |  » 田んぼ奮闘中

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (161)
わが家 (68)
田舎ぐらし (64)
薪ストーブ (27)
薪づくり (44)
アウトドア (41)
ダッチオーブン (26)
道具など (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR