topimage

2017-03

斧を直す - 2017.03.11 Sat

楔が飛んでしまった斧を直してもらいました。

しばらく自宅ではそのまま薪割りしてましたが、やはり徐々にぐらつきがでてきました。
また、仲間との薪狩りを控え、他の方に迷惑をかけてはいけないので…。


というわけで、柄だけピカピカになりました。
翌日の薪狩りに間に合いましたね。

みんな同じ斧を使ってるので、目印をつけないといけません。


久々の焼印です。


いままで大型薪割の柄の長いタイプを使ってましたが、挿げ替えを機に短くしました。
これで娘たちも薪割しやすくなるかな?
贅沢を言えば、さらに薪割鎚が欲しいところです。

私含めウチの仲間は、ストーブはアンコールしか知らず、斧はグレンスフォシュしか知らず…と、素人ながら贅沢なチョイスをしてきたものです。ストーブ屋さんのせいですが。
でも、おかげで上質な道具を使うことができています。ありがたいことです。

少しでも腕前が追いつけるよう、精進します(笑)

御前崎へ - 2017.03.05 Sun

先日、台風中継でおなじみ?の御前崎を初めて訪れました。

IMG_20170306_203859[1]
その昔とおり過ぎたことはあるはずですが、立ち寄ったのは初めて。

そもそも、なぜ御前崎かというと、隣の菊川市に用事がありまして。
以前、葦船づくりのワークショップに参加したときのことを、三女が作文にしまして。
そしたら、なんと賞をいただいたとのことで、その受賞式でした。

IMG_20170306_203943[1]
県教育委員長賞とのこと。おめでとうございます。

IMG_20170306_204422[1]
ドヤ顔です(笑)
ワークショップの講師をしてくれた仁さんとヨッシーに報告したところ、とても喜んでくれました。

そして、表彰式のあと、ちょっと寄り道して御前崎へ。
こんなことでもなければ、なかなか来る機会がありませんからね。
そうそう、この日の昼食は「炭焼きレストランさわやか」へ。
静岡県のご当地レストランながら、身近に店がなく初めて訪れたのでした。

IMG_20170306_203627[1]
見渡す限りの海、そして海岸線。圧巻の景色です。

IMG_20170306_204613[1]
三姉妹は、どこに行っても楽しそうで羨ましいです(笑)
お土産もの屋のおばあちゃんにもなぜか気に入られて、ちゃっかりおまけしてもらってました。

IMG_20170306_204634[1]
帰り道、近くの市場に寄り道。
晩ごはんのおかずを仕入れて帰路につきました。
しかし、御前崎は予想外に人がたくさんいて驚きました。

一昨年は長女が書道で賞をもらい、焼津に行ったことがありました。
そのときは、さかなセンターで旨い魚を堪能。
娘たちは、何か賞を貰うと旨いものが食べられると思っているみたい(笑)
動機は不純ですが、何事もがんばることはいいことですよね。

さぁ次はどこで何を食べさせてもらえるのか…楽しみにしてます。

樫を伐る - 2017.03.04 Sat

というか、伐ってもらったというのが正解ですね。

一昨年、昨年と数回訪れた持越の現場。

IMG_20170306_194718[1]
前回の作業のときに残した樫の木。これが今回の獲物です。
O城先生が、みんなのために倒してくれるというので、お手伝いに行きました。
助手はO石さんと私の2人のみ。

IMG_20170306_194546[1]
ワイヤーを掛け、受け口、追い口を入れた後、ワイヤーにテンションを掛けて1本ずつ倒していきます。
お見事です。
O城先生が倒してくれたところを、2人で枝を落とし、葉のついた枝先を片づけていきます。
なかなかの作業量です。
O石さんは平気な顔して作業してましたが、半月以上風邪が抜けきれずにいる私はバテバテ…。

IMG_20170306_195313[1]
Oさんコンビの活躍により、2時間ほどの作業でみごとに伐り終わりました。
(私の後ろに見えるのが切り株。わかりますかね?)
O石さんは次回参加できないにもかかわらず、今日はみんなのために来てくれました。感謝。

次回みんなで玉切りからスタートですよ。
今日倒したものの他にも、前回までに倒してそのまま手つかずになっている木もたくさんあります。
私も少しもらって帰りましたが、まだ全然良い状態でした。
処理しきれず、現場の奥に片付けられた山の中にも、十分使えそうなものがいっぱい。
人手と時間さえあれば、かなりの量がいただけそうです。
みんなでがんばりましょう。

柳の枝を片づける - 2017.02.26 Sun

わが家の敷地内の柳を切ってから、はや1年以上が経っちゃいました。

ある程度の太さがあったものは、すぐに斧で割ったのですが、大量の枝がずっと手つかずのまま。

IMG_20170228_203429[1]
こんな感じでてんこ盛り。
トタンで雨を避けていたので、すぐにでも焚けそうです。

この日、柳の枝をやっつけようと予定してましたが、急ぎの作業が入り、午前中からずっとかかりきり。
ようやく手が空いたのが夕方4時頃。
あまり時間がありませんが、勢いで手を付けることにしました。

しかし、肝心のチェンソーが、このところ手入れを怠けていたせいで、よく見ると歯がガタガタ。
念入りに目立てしたら、30分くらいかかってしまいました…でも、おかげでこの後はキレキレ。

IMG_20170228_203518[1]
普段は、少量の枝ならコンテナの幅にあわせて手でポキポキ折っていくのですが、
さすがにこれだけあるとキリがありません。
チェンソーで一気にやっつけます。

上の画像のような枝先ばかりで1回。
次に、細~中太の枝で2回。
まだ枝先が1回分くらい残ってますが時間切れ。
この後予定があったので、切った枝の半分も片付けらませんでした。
目立て時間を除いたら、作業は正味30~40分程度。でも、何もしないよりマシですね。

焚付けだけは2年分くらいできましたが、肝心な薪はまだまだこれから。
既に来月2回ほど薪狩りの話を貰っているので、なんとしても都合をつけたいところ。
予定が入らないことを祈るばかりです…。

夜桜見物 - 2017.02.25 Sat

すっかり有名になってしまった河津桜。
桜まつり期間中の週末なんて、混雑しすぎて行けたもんじゃありません。

仕事終わりに家族と合流し、夜桜見物に行ってきました。

IMG_20170228_203733[1]
今年は開花が早くて、桜まつりが始まったとたんほぼ満開状態だったとか。
数日前の強風と雨も重なり、ギリギリ見られる感じといったところでしょうか。

この日、現地についたのは20時半ころ。
日中雨も降っていたためか、露店は閉まり、見物客もほとんどなし。
おかげで、ゆったりと見物できました。

IMG_20170228_203750[1]
昨年は、知人とともにもう少し早い時間に来たのですが、道路はひどい渋滞、現地も大混雑。
さんざんだった覚えがあります。確かにキレイではあったんですけどね。

近年は河津だけでなく、あちこちで早咲きの桜が見られるようになりましたね。
なんだか春の訪れが早くなったような気にもなりますが、それはそれ。
まだまだストーブシーズン真っ只中です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

かどいち

Author:かどいち
スローでアナログな生活に憧れ、伊豆でぼちぼち暮らしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いろいろ (155)
わが家 (65)
田舎ぐらし (59)
薪ストーブ (25)
薪づくり (43)
アウトドア (33)
ダッチオーブン (26)
道具など (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR